SANYO NV-SB541DT その1

エディアのMAPLUS E-100MPを購入してからは、すっかりナビにお世話になってる毎日。

やっぱり便利な物は使い出したらやめられませんね~^^;

まあ、そのままE-100MPを使ってても良かったのですが、何せ「飽きっぽい」性格の僕^^; 「このマンネリをどうにかせねば・・・」との使命感がどこからともなくわき上がり、買い直すことに。

時期を同じくして「ナビが欲しい」という人が現れ、E-100MPの引き取り手があっさり決まったのも後押ししたかな^^

 

ってことで、サンヨーのポータブルナビを購入^^ 「ゴリラ」ってのはPNDの代名詞と言ってもいいほど普及してますよね~。

300_6700

NV-SB541DTです^^ 実はサンヨー製品が家に入ってくるのは珍しく、先日から導入したエネループとこれくらいじゃないかな~。 ま、だから何ってことでもないんですけど^^;

300_6701

箱を空けてビックリしたのは付属品の多さ。 E-100MPよりもかなり多いですね~。

写真左上がパーキングブレーキ接続ケーブル、その下がVICS用のアンテナケーブル、右の白いやつがVICS用のフィルムアンテナ、上に乗ってるのが家庭用電源ACアダプター、その右上が吸盤スタンド、下が落下防止用ストラップ一式、一番右がシガーライター接続ケーブル・・・で全部かな?( ´Д`)=3

めんどくさそうなのはVICSアンテナの配線とパーキングブレーキ接続ケーブルの配線かな~。 配線の取り回しとかも考えると、ちょっとめまいが・・・w

そういえば、この製品もそうなんですが、最近のナビの吸盤ってのは吸着面がジェル状になっていて、多少のシボなどはお構いなしに吸着することができるんですね~。 ダッシュボードにねじ穴を開けたり両面テープを貼り付けたりといったことをしなくてもいいのは結構大きいかも^^

 

さて、早速VICSアンテナ取り付け!

フィルムアンテナなので、フロントガラスに貼り付けるだけなのですが、そこからナビ本体までケーブルを引いてこないといけません。 ただ、取り付け方法自体は説明書で丁寧に解説してありますのでそれほど難しく感じません^^

あとは配線の隠蔽・・・ 前にETCの車載器を取り付けたときのようにピラー部分のゴムに挟んじゃおうかと思ったのですが、ちょうど連休で時間があったこともあり、「内張をはがしてしまおう!」と。

こういうとき、後から「あ、写真・・・」って思うんですけど、作業中は思い出さないんですよね~^^;

なので、外し方がわかるような写真はありません・・・ でも、それほど難しく無いんですよ^^

ストリームのピラー内張の外し方は、

 

1.ピラーの黒いゴムをめくる

2.棒をスキマに突っ込んで、テコの原理で・・・

 

と、これだけ。隠し爪などは無いので何かを折っちゃうとかの心配は無いと思います^^

コツとしては、ゴムは少し固く一気にめくることなどができないので、ちょっとずつめくってみる。で、なるべく内張とピラーの隙間が広いところを見つけ、そこに棒を突っ込むってことくらいかな~。 まあ、棒はドライバーでもなんでもいいんですけど、僕はプライヤーの持ち手側を突っ込みました^^ パコッという感覚とともに外れます。それを上の方と下の方で2カ所ほどやったら、あとは手で外せますよ~。

 

ってことで、

300_6716

完成^^ さんざん隠蔽について書いておきながらその部分の写真はありませんが^^;

 

後は、パーキングブレーキケーブルの接続ですね~。

「なんだかめんどくさそう・・・^^;」

部品が多いこともあって一瞬そう思いましたが、接続方法が2つ用意されてるから部品が多いんですね。

ま、こっちの接続については何も書くことはありません。簡単ですし、キャンセルする人も多いでしょうから・・・^^;

 

と、これで事前準備は終了。

開封から1時間くらいかかったかな~。でも、一度やってしまえば10分程度で終えることができる作業ですよ^^

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。