PCパーツ交換

Windows 7にしてから、初めてのPCパーツ交換をしました。

Radeon HD5770から、なんとHD2600XTへ!!・・・ダウングレード・・・です orz

 

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、HD2600XTは、以前使っていたビデオカード。 つまり、家にあったパーツに戻したと。 まあ、お察しの通りHD5770は「入院」です^^;

実は、HD5770に交換してからずっと調子が悪かったんですよね~。 これが僕のシステムに起こる環境依存の問題なのかパーツの不具合なのかわからなかったのでここにも書きませんでしたが、もうにっちもさっちもいかない状態で・・・

まず、コールドスタート時はほぼ100%解像度が変になる。頻繁にドライバの応答停止が起こる(その後は自力で復旧)。いきなりブラックアウトしてその後の操作を一切受け付けなくなる。いきなり再起動する・・・と、もうやりたい放題w 調子がいいときは何も無いように正常に動作してましたのでなんとか使えていたのですが・・・

ドライバの更新があるたびに「今度こそ直るんじゃないか・・・」との淡い期待を抱いておりましたが、先日アップされた10.2にアップデートしても症状が治まりませんでしたので、「こりゃ、もうダメだな」と^^;

 

で、久々のHD2600XT登場となったわけですが・・・ファンがうるさいw

HD5770は大きなクーラーがついてて驚きましたけど、静音性には優れてたんですね~。 こうやって交換してみると改めて感じますよ。

実際の使用では、僕は全くゲームなどしませんのでHD2600XTとHD5770で体感できる差を感じることは無いでしょうけど、この「静音」だけでも取り戻したいものです。

 

でも、だいたいの場合、こうやって修理に出しても「症状が確認できませんでした」とかで戻ってくるのがPCパーツ^^;

今回もダメもとくらいの感じで修理を頼んでるので、もしどうにもならなくても別に泣きはしませんが、さて、どうなりますかね・・・

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。