信長の野望 天道

実は僕のゲームの原点かもしれない・・・

昔、NECのPC-6001mk2っていうパソコンを買ってもらって、それでやってたのが元祖「信長の野望」。

当時は17カ国版でしたし、グラフィックもグラフィックとは言えないような質素なものでしたが、すごく遊びまくったのを覚えています^^

その後、シリーズ2作目となる「信長の野望 全国版」が発売されるのですが、我がPC-6001mk2にはスペック不足で移植されず・・・・゚・(つД`)・゚・ しょうがないので友達の家でやってましたw

以降の作品も、同様に友達の家で遊ばせてもらったりしながらではありましたが常にプレーしていました^^ Windowsを手にした後は、再び自分の家でプレーできるようになったので定期的に新しいものを購入してははまっていますね~。

 

で、今回購入したのは昨年発売された最新作「天道」

300_6864

実は今月XBOX360版が出たことでその存在を知ったんです^^; ゲームの性質上、コントローラーよりもマウスやキーボードの方が扱いやすいですからね~。 今回もパソコン版を購入しました^^

昔はただの国取り合戦だったんですけど、シリーズが進むにつれて新しい試みが取り入れられてますよね~。 今回は「道」がテーマで、拠点から街道を延ばしていくことで集落を支配し、領土を広げるって感じ。 もちろん他国の城を攻めることも必要ですけど、資源だけを確保したい時は、とりあえず集落まで街道を敷き、そこを支配するってことも可能。 このシステムによって、部分的に領土を奪い合うという、現実に近い抗争を再現しています。

 

・・・ということで、最近はずっとこれにかかりっきりでしたw

とりあえず昨日全国統一を成し遂げることができたので、やっとブログも更新ってわけです^^;

 

シナリオ1の織田家という、多くの人が最初に選択するであろう大名でプレーしたんですけど、意外と難しかったですね~。 今川家はデカイしあっという間に攻めてこられるし・・・ 偶然(?)桶狭間の戦いのイベントが起こってくれたのでなんとか生き延びることができましたけど、実際の信長もあの時は死を覚悟したんじゃないかな・・・^^;

その後、家康との清洲同盟・・・と、そこまでは良かったのですが、肝心なときにいきなり向こうから同盟破棄を通告され、一気に窮地へ・・・w 全勢力をつぎ込んで武田と戦ってましたからね~。三河に向かう兵が全然いない状態。 全く・・・戦国時代の他人なんて信用するもんじゃないですねw

徳川に対抗するための兵を集める間もなく、あっというまに駿河まで侵攻されてしまいました^^;

・・・と、その辺がクライマックスだったかな~。 なんとか徳川を滅ぼしたあと、再び武田へ全力集中し、撃破。 あとは天下統一へ一直線でした。最後に残った大友家を鹿児島に追い詰め、「勧告」したところで終了~^^ 1584年でした。

 

さて、次はどのシナリオのどの大名でやろうかな~^^

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。