Intel Core i7 930

僕はどこでいつも間違うんだろう・・・^^;

ちょっと前までCore i7環境なんて考えたことも無かったのに・・・

 

ってことで、急遽我が家に導入されたのが、このi7 930です。 2月頃から市場に出てきたってので間違いないですか? なんか全然わからないまま選んだもので、情報は追っかけ中ですw

 

クロック周波数は2.8GHz。 メモリとのアクセスなどはCPUが直接制御するという方式を採用してるため、従来のFSBという概念がありません。 チップ間はQPIで結ばれ、930ではその転送レートが4.8GT/sとなります。

コア数は4つで、同時に8スレッドの処理をサポート。 さらに、CPUが標準で持つターボ・ブースト機能によるオーバークロック動作ができるため、最高で3.06GHzという速度で動きます。 これは、無理に動作させる、いわゆる「オーバークロック」とは違い、使ってないコアを休ませることなどで無理なくクロック周波数を引き上げるという技術^^ イメージとしては、4つ並べてる乾電池と、それぞれについてる豆電球。 点ける必要が無い豆電球の電池を外して、必要な方に一時的に直列で繋ぐ・・・って感じかな?w わかりにくいですか?^^;

L1キャッシュ32KBとL2キャッシュ256KBはそれぞれのコアに実装。 L3キャッシュ8MBのみがシェアということになります。

ま、特徴はこんなものかな^^

 

i7-860を買いに行った際に、価格差が1000円ぐらいで売ってあったi7-930に急に目移りしてしまい、結果、メモリは2枚買う予定が3枚になるし、マザー自体もチップセットがX58ってことで高いものになるし・・・と、ホント財布に厳しいCPUです^^;

おかげで、当初予定よりも1.5万円ほど払ってしまい、ただでさえ苦しい台所事情はますます悪化。 ここまでの思いで買って、たいしたことなかったらどうしよう・・・てなもんです。

 

と、ちょっとグチっぽく書いちゃいましたが、実は大満足^^ なんてったってi7ですからね~。 しかも900番台。 そのおかげでLGA1366環境にもなったし、言うこと無しかな。 まあ、いつまで持つソケットかわからないみたいですけど・・・^^;

300_6900

はい、ご存じCPU本体。 Core 2 Duoよりも一回り大きいですね~。 消費電力も130Wだっけ・・・結構なものです。

300_6901

裏側。 マザーボードとの接点がこの金色の部分ですね^^ 前に書いたような気がしますが、この金の接点の数でLGA○○○とかっていうのが決まります。 このCPUはLGA1366規格ですので1366個の接点があるってことです^^

1366ピンって言い方を聞くことがあるかもしれませんけど、それは昔の名残かな~。 最近自作を始めた方にはピンと来ない(しゃれじゃない^^;)かもしれませんが、昔は剣山みたいにこの接点が全部ピンでしたからね。 うっかり落としてピンが曲がる・・・なんていうのを恐れながら組み立てたものですw そのほかには、ビデオカードみたいなスロットタイプのやつとかもありましたよ^^

 

このチップをマザーに載せて、その上からファンを取り付けて・・・

300_6909

これで完成^^ ファンもCore 2 Duoと比べるとかなり大きくなりましたね~。 ん?配線が汚いって? スミマセン・・・ブキヨウデスカラ・・・orz ビデオカードがかなり窮屈で、それだけでもうかなり無理があるんですw デカイんだよ・・・HD5770^^; ただ、エアフローはそんなに悪くないんじゃないか?ってくらいにはこの後しました^^

 

と、そんなこんなで取付は終了です^^

 

さて、性能的なものですが・・・ 細かい仕様や技術的なことに関しては、すでにたくさんの専門サイトで解説されてますのでそちらをご覧ください^^ ・・・いや、めんどくさいわけじゃないんですよw

とりあえず、Windows エクスペリエンスインデックスを。

i7-930 

上から2つがCPU、それにメモリってことで、今回の買い換えに関係する項目ですが、どちらも7.5のハイスコア^^ 今までの環境がどちらも6.6でしたので、かなりの大幅アップです。3chになったメモリも効いてるんでしょうね~^^ ついでなのでグラフィック性能についても書いておくと、HD 2600XTでは、ここが5.8、6.4。 HD5770で7.4、7.4ってわけです^^

ホントにいつもいつもこの数字を出して申し訳ないのですが、例のSuper π。 104万桁で13秒。3355万桁で12分30秒という結果でした^^

104万桁は、E8500のOCで11秒までは見てますので、今回もちょっとだけOCやって、前回E8500で挑戦しなかった「10秒切り」にチャレンジしようと思ってますw

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。