ZETA ZE41-3145 , ZE42-3127

そろそろタイヤの交換だな~と立ち寄ったバイク屋さんで、なぜかクラッチレバーとブレーキレバーを交換して帰ってきました^^;

ZETAのピボットレバーです。 あ、もちろんタイヤも注文してきましたよ^^

300_6976

↑クラッチレバー

↓ブレーキレバー

300_6990

 

あれ?これって・・・と思ったあなた! それは気のせい、見間違いw

それはいいとして、今回購入したのは3フィンガータイプ。 ショートレバーへの変更はずっと前から考えてはいました。 KLXの時もSuper SHERPAの時も・・・ 僕の操作は、基本的にブレーキもクラッチも2フィンガーなので、長いレバーは必要無いんですよね^^; まあ、ブッシュガードなどを付けることも無かったので、今までは交換にまで至りませんでしたが。

今回はたまたまお店に在庫があって、たまたま時間があったので「それじゃ~お願いします^^」ってことで^^

ピボットレバーってのは、基本的に転倒時の衝撃を逃がすための機構なんで、転倒しない限り、その機能が活躍することはありません。 もちろん転倒なんかしたくないので、ピボット機能を使うことが無いように祈ってはいます^^;

300_6997

ご存じ無い方のために一応。 こんな風にレバーが前に倒れるんです。これによってレバーが曲がったり折れたりする危険がぐっと減ります^^ Super SHERPAでは一度も転倒してませんが、KLXはすぐにレバー曲げちゃいましたし、KSR IIに至っては折れなかったっけ・・・ ま、転んだ経験がある人ならわかると思いますが、レバーってのはすごく簡単に破損しますもんね^^;

 

300_6999

クラッチ側の純正レバーとの違いはこんな感じです。 ブレーキ側は、まあ載せなくても大丈夫だろうとw

300_7001

指への引っかかりも申し分なく、アジャスト機構のおかげで「完璧」な位置調整もできました^^

 

さて、今度バイク屋さんに行くときは、注文したタイヤの交換ですね~。 ラジアルにしてるのでちょっと高いです・・・・゚・(つД`)・゚・

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。