DUNLOP SPORTMAX GPR-200

D-TRACKER X、タイヤ交換です~。

前回注文していたタイヤが届いていたので、休みの今日、交換に行ってきました^^

今まで付けていたダンロップのGPR-100がモデルチェンジ。GPR-200になっていますので、それに。 今回はリアタイヤのみの交換です。

ぱっと見でわかるほどパターンが変わりましたね~。 バイク屋さんによると、コンパウンドも変わったのだとか。 ほうほう・・・

ちょっと比較してみましょう^^

300_7008

↑GPR-200

↓GPR-100

300_4320

あら・・・同じような角度で撮ったつもりなのですが、結構違いました^^;

まあでも、パターンの違いはわかりますよね^^ ご覧の通り、だいぶ変わっています。

メーカーの紹介文によると、コンパウンドは専用開発のSG-20というものに。スポーツ走行に対応するドライグリップ性能を確保しつつ、優れた耐摩耗性能も実現。グリップ指向のポリマーを採用し、路面温度が低い状況下でも安定したグリップ力を発揮することが可能なのだそうです。

構造は、新開発のHES-JLBを採用。柔軟性が増したことで衝撃吸収性が高まり接地感が向上。さらに、設置面積が増えることでグリップ感が向上してるそうです^^

 

ってことで、実際に走ってみたのですが、いつもと同じ道を走ってみないとそれほど違いはわかりませんし、初期なので滑るんじゃないかとおっかなびっくりの運転・・・ インプレッションは、「普通に安心して走れるのは間違いない」程度しか、今のところありません^^; 今は梅雨なので、比較的早い段階でウェット性能ってのは実感できると思いますが、雨は可能な限り避けたいってのが本音ですねw

 

GPR-100では、1万キロ走れました^^ このGPR-200はどれくらい保つのかな?

とりあえず、現在の総走行距離は16,571kmです。 25,000kmまで保ってくれたらいいな~^^

あ・・・その前にフロントの寿命が来るか^^;

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。