Apple TVを使ってみる

HDMIケーブルを購入してきたので、早速接続してみました^^

接続方法は至って簡単。電源ケーブルとHDMIケーブルを繋ぐだけです。 普通にテレビに繋げてももちろんいいのですが、僕の用途としてはやっぱりアンプを通して音楽を聴くってのがメインになりそうだったので、AVC-3310にHDMI端子を接続。 AVC-3310はHDMIパススルー機能が付いてますので、アンプの電源を入れなくてもテレビまで信号が届きますしね~^^

 

さて、電源投入。 最初にテレビ画面を見ながら言語を選択。その後、無線LANの設定ですが、基本的にhttp://bit.ly/a4jakO←ここをご覧いただければ迷わないと思います^^ 操作はすべて付属のリモコンで行います。

これでメニュー画面にたどり着きますが、自分のiTunesとのリンクが必要なので、その設定をします。「ホームシェアリング」ってのがそれですね~。といっても難しいことは一切無く、iTunesのアカウント(メールアドレス)とパスワードを入力すればおしまい。

これで全ての準備終了かな? あとペアレンタルコントロールとかの設定もあるのですが、必要な人はそこまで設定ですね^^

 

で、これで

・ムービー(映画の視聴、レンタル)

・インターネット(YouTube、Podcast、MobileMe、Flickr、ラジオ)

・コンピュータ(自分のiTunesに入ってるライブラリの再生など)

が可能になってると思います。

早速「コンピュータ」→「sho1のライブラリ」と辿ってみると、iTunesの中身が表示され、すぐに再生できました^^ すごく簡単! やはりアンプを通して聴くのはいいものですね~。 ムービーがテレビの大画面で見れるのも^^

 

と、ここまで読んで「ん?この前買ったDENONのASD-11Rと同じことやってるやん(゜▽゜;)」と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか^^;

そうなんですよね~(;><) 動画の閲覧にしてもASD-11RにiPhoneを接続すればできますし、二つは要らないかも^^; でも、ASD-11RはiPhoneやiPodなどを接続することで初めて使うことができるのに対し、Apple TVはそれ単体で映画のレンタルやYouTubeなどの閲覧が可能なので^^

あ~でも、それならASD-11R要らないじゃん…みたいなところはありますけどね^^; でも、PCを立ち上げてないとライブラリの再生ができないApple TVと違い、iPhone,iPodを差し込めばライブラリの再生ができるASD-11Rもたまには役に立つ…はずですw

 

ということで、早速ダレン・シャンをレンタルしてみました~^^

HD画質で5.1ch。 とはいえ、500円ってのはちょっと高いかな~^^;

でも、わざわざDVD返しに行く手間も掛からないし、ネット配信の動画を自分のAV環境で手軽に観ることができるってのがこれほどいい感じだとは思いませんでした^^ PCモニタでの動画再生とテレビでの再生ってのは、雰囲気が全く違いますよね~。

課金は、iTunesに登録しているカードで行いますので、すでにiTunesに登録してる人はなんの手間もなく映画のレンタルができますよ^^

 

それと、ツイッターでちょっと書いたのですが、付属のリモコンだと日本語の入力ができないんですよね^^; 映画や動画を検索しようと思っても、すべて英語じゃ使い勝手が悪すぎ^^;

で、それをどう解消するかというと、

http://www.apple.com/jp/itunes/remote/

この、リモートというアプリ。iPhoneやiPadでApple TVなどを操作してしまおうってアプリなのですが、これを使うことで日本語の入力が可能になります^^

単なる「操作」という目的としても、意外と使い勝手がいいので入れておいた方がいいでしょうね^^

 

そして、AirPlay。

この機能で、PCでのiTunes再生をApple TV経由でアンプやテレビに任せることが可能になります。

ボリュームコントロールもiTunesでできますし、やっぱりリモコンでちまちま選曲するよりもマウスでガッとやった方が早いですし快適ですからね~。かなり重宝しそうです^^

 

ってことで、今日わかったのはこの辺までです。

まだ何かあるかも~という気がしないでもないのですが、発見したらまた報告しますね~。

あ、もし何か間違ってたら教えてください^^;

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。