利用者同士は24時間通話料無料。iPhoneアプリのViberがすごいかも

auが、「禁断のアプリ」としてSkypeを派手に宣伝していますね~^^ もう通話料でもうけるというビジネスモデルは捨てつつあるのかな?

もちろんiPhoneにもSkypeアプリはあるので使えない事はないんですが、12/3に登場したViberは、ひょっとしたらSkypeを凌ぐんじゃないかという期待のアプリ^^

3GでもWi-Fi、そしてBluetooth(゜▽゜;)でもOKなので、普通に電波が届く範囲なら使えますし、ユーザーIDの取得やパスワードの設定などの煩わしい作業も必要無し。しかも音もいいし、待ち受け時もバックグラウンドで待機させたりしなくても着信できるというのですから、もう普通の「携帯電話」のようなものです。 もちろんアプリを裏で動かしておく必要が無いってことは、バッテリーへの影響も無いってことですよ~。

で、できることは、このViber利用者同士の無料通話。当然24時間無料です^^

 

http://bit.ly/fNfb4J

↑アプリはこちらから^^

 

アプリをインストールしたら、早速自分の電話を登録しましょう。

英語なのですが、ユーザー名とかパスワードとかを決めるわけでもないのでそんなに迷うことはありません。

アプリを立ち上げると、「Push通知をしていいか」と聞かれるので、もちろん「許可」。それが無ければ着信がわかりませんから、よほどのポリシーか宗教上の理由がない限りはOKしましょう^^

そのまま進んでいき「Continue」のボタンを押すと、電話番号の登録画面になります。

上段に「+81」と出てるのが確認できたら、下段に自分のiPhoneの電話番号を、最初の「0」を除いて打ち込みます。(090-1111-2222なら9011112222)

SMSで

Your Viber code is:○○○○ Close this message and enter the code into Viber to activate your account.

というメッセージが届けばOK^^ そこに書いてある「○○○○」の4桁の数字をAccess code入力画面に入れましょう。

…と、これでおしまい^^ 後は、電話帳をインポートするかって聞かれるので「する」と答えれば、自分の連絡先がViber上に表示されるようになります。

101205

ご覧のとおり、Viberユーザーは、特に何も登録しなくても勝手にアイコンが表示されますので、「誰と無料通話ができるのか」ってのは一目瞭然^^

あとは、その人を選んで「FREE」表示のある電話番号だと確認して掛けるだけです。

 

簡単すぎる~^^ あ、アイコンが出てない人にも電話を掛けることは可能ですが、その場合は普通にソフトバンクの電話を掛けるってことになります(通常の電話料金が必要)ので注意してください^^;

Skypeの場合は、ここからユーザー探しと登録が始まるんですよね… で、相手に許可してもらってリンクして~なので、結構手間も掛かりますし時間も掛かります^^;

 

ということで、iPhoneを知り合いが持ってる人は絶対入れておくべきでしょう^^ さらに、Androidにもアプリを提供する予定ってことなので、もしかしたらスマホ同士はキャリア関係なしで「通話料無料」ってな時代になるのかも^^ 今後のサービスとしては、メッセンジャー機能が付く予定なのだそうです。

あ、ちなみに「音質」ですが、iPhoneで普通に電話を掛けるよりずっとクリアなんじゃないかっていうほどです^^

 

と、このように素晴らしいことこの上ないサービスなのですが、Skypeに劣るとすれば…

「電話場号が無ければ使えない」ってことですかね^^;

Skypeはご存じの通りPCをプラットフォームとして成長してきたわけで、電話番号の代わりにユーザーIDを使用します。 ですので、電話機能を持たないiPod touchやWi-Fi版iPadなどでも使うことができるのですが、Viberでは、残念ながら電話番号が無ければ使うことができません(;><)

 

それと、現在「SMSが届かなくてアクセスコードが入れられず、登録が完了しない・゚・(つД`)・゚・」って方が結構いらっしゃるみたいです。

原因はハッキリわかってないみたいですけど、5時間以上後にSMSが届いたってのもあるようですので、しばらく「待つ」ってのが必要かもしれませんね^^;

一応チェック項目として、My Softbankで国際SMSをブロックしてないかは確認してみてください。

 

ってことで、特に僕の知り合いの皆様。iPhone買ったら、是非Viber入れてくださいね^^

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。