Wi-FiモデルのiPadでViberをやってみる

昨日の記事で、「電話機能を持たないiPod touchやWi-Fi版iPadなどでも使うことができるのですが、Viberでは、残念ながら電話番号が無ければ使うことができません」と書いたのですが、なんとできました(゜▽゜;) これでいいのかどうかよくわかりませんが、試してみたところちゃんと我が家のiPhone-iPad間で通話できましたので、おそらくOKかと…

それでは、その方法を備忘録代わりに書いておきます。 試してみて「できね~じゃん ゛(`ヘ´#)」って言われても、責任は取れませんのであしからず^^;

 

IDを使うSkypeと異なり、電話番号を使用するのがViber。 電話番号を持たないWi-FiのiPadでは無理だろうと思っていたのですが、逆に言えば「電話番号さえあればできる」わけで、その電話番号をゲットするのが目的。 さらに言うならAccess codeが国際SMSで届くため、国際SMSが受け取れる環境も作る必要があります。

 

実は、この「SMSをやりとりできる環境」というところにヒントがありました^^ iPhoneアプリのHey wireという無料SMS送受信アプリを使うんです。

 

http://bit.ly/gbj0mK

↑アプリはこちらから

 

このアプリ。通常は送受信でお金が掛かるSMSを無料でやりとりできるってことで、それだけでもすごいのですが、なんと無料で電話番号ももらえるんですよね~。 SMSですので、当然電話番号を使用してのテキストメッセージのやりとり。なので、電話番号が必要なんですけど、それまでセットで無料ってのがすごい(゜▽゜;) もらえるのはアメリカの番号なのですが、この際電話番号であればどこの国の物でもOKでしょうw

登録を済ませると、+1から始まる電話番号が見事もらえました~^^

 

で、ここからはViberの出番。 詳しくは昨日の記事で見ていただくとして、注意点は、電話番号を入力する画面で「+81」となっているのを「+1(アメリカ合衆国)」に変更することです。 後は記事の通りでいけるはず^^ ほどなくして、Hey wire宛にViberからのAccess codeが届きますので、それを入力すれば完了。 見事Wi-Fi iPadを使った無料電話機の誕生ですw

 

と、これで晴れてViberによる無料通話環境が構築されたわけですが、ちょっとめんどくさい事も^^;

実は、Hey wireでもらう番号がアメリカ国内の番号のため、日本の電話番号に掛けるためには、国際電話をするのと同じ手順が必要になるんです^^; つまり、「090-1111-2222」に掛けたければ、「+81 90 1111 2222」とダイヤルしなければなりません。 普通電話帳に登録しているのは「090-1111-2222」ですよね~。 ってことで、Viberで通話したい友だちの電話番号を追加登録するなりして国際電話としなければならないのです^^; もちろんその場合でも「無料」なのですが、ちょっと緊張しますよねw それに、「な!なんで国際電話が掛かってくるんだ!!」といたずらに相手を混乱に陥れてしまいかねません。くれぐれも事前連絡を怠らないようにしましょう^^;

 

しかし、ホントにこれでいいのかどうかは未だ謎… とりあえず今は使うことができていますので、ご報告まで^^

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。