Apple Magic Mouse

今年最初のお買い物。 AppleのMagic Mouseを買ってみました^^

300_7895

MacBook Airで使うためなのですが、ご存じの通りMacBook Airのマルチタッチトラックパッドはかなり優秀。 「もうマウス必要無いよな~」ってのが今でも思ってる僕の感想です^^

「じゃあ、なぜ??」 って、それはもちろん「衝動的に欲しくなった」から^^; 期待より渋かったAppleの初売りですが、「記念に何か買っちゃえ!」と選定したのがこれ^^ たかが400円引き、されど400円引き。 ちょっとでも安ければお得ってもんですw

・・・ってのはもちろん冗談で、本当は、今MacBook Airを置いてる場所が、僕がPCの前に座ってるときの左前方だから、なんですよね^^; 操作しようと思ったら体をねじってトラックパッドに右手を持って行くって感じで窮屈だったんです。 マウスがあったら幾分緩和されるんじゃないかな・・・と^^ もちろんキーボードも窮屈な姿勢でってなってるのですが、こちらはいざとなったらAppleのキーボードを使えばいいので大丈夫。 マウスを追加しさえすれば、体が正面を向いたまま快適にMacBook Airを操作できる環境が整うってわけです^^

 

早速開封!

300_7897

店頭で何度か見てはいましたが・・・ やはりこのツルッとした感じはインパクトがありますね~。

パソコンをはじめて扱う人に説明してた「左のボタンを押したら左クリック、右のボタンを押したら右クリック」ってのがもう使えませんw

ということで、このマウス、表面全体がボタンであり、ホイールであり・・・といった感じ。 すごいですね~^^

表面の「どこでも」クリックできますし、縦、横のスクロールもできます。 クリックは物理的に押し込みますが、スクロールは表面をなぞる感じ。 ちなみに、「どこでも」をあえてカッコで囲ったのは、この説明がAppleの製品紹介に書いてあったからで、実際試してみたところ、半分より下を押すことはできませんでしたw まあ、無理に半分よりも下をクリックする必要は無いので問題ありませんけどね^^

スクロールに関しては、MacBook Airのトラックパッドを操作する感じです。トラックパッドの場合は2本指で行いますが、こちらは一本指。表面の任意の場所で操作することができるので便利ですよ^^

で、他のジェスチャーとしては、2本指のスワイプでブラウザの「戻る」「進む」や写真の切り替えなどができます。

あ、そうそう。 Windowsでおなじみの右クリックは・・・

magicmouse1

この設定画面で「副ボタンのクリック」というのにチェックを入れることで行うことができます。

「ボタンが一個しかないのに・・・?」と思われるかもしれませんが、恐ろしいほど正確に左クリックと右クリックを判別してくれますので、まず困ることは無いと思います。ビックリしますよ^^

あと、Controlキーを押しながら上にスクロールするとズームになりますので、5ボタンマウスの標準的な操作は全部できると思っていいでしょう。

 

さて、それでは裏側を・・・

300_7898

黒い棒状の部分が実際にマウスパッドと接する部分です。 表がプラスチックなのに対し、裏面はアルミ。 ここにアルミを使わなければもっと軽いと思うんですけど、あえてここにアルミを使うからこそAppleってことですかね^^ アルミのおかげでかなり質感が高くなってるのは間違いありません。

300_7900

電池の蓋を開けたところです。 この蓋も、さも当然のようにアルミ製となっておりますw

電池は単三2本ですが、並列なんですね~。 「ひょっとして電池一本でもいけるかな?」と外してみたら、無理でした^^; マイクロソフトのマウスは直列の入れ方ですが電池一本でもいけるんですよね~。 ま、中でどういう配線になってるのかを見てないのでなんとも言えませんが^^;

右上にある小さい銀色のポッチがスイッチですが、このスイッチを切っておかないと、物理的に干渉して蓋が閉まらないのでご注意を^^

 

ということで、さっきから使ってますが、カーソルの移動やドラッグなどは、マウスを使った方がやおっぱりしっくりきますね^^ やはりマウスはマウスの良さがあるってことで、これから使い倒して行きたいと思います^^

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。