GRIFFIN RoadTrip (iPhone用FMトランスミッター)

先日コストコに行ったとき偶然見つけてしまい、そのまま購入してしまいました^^

300_7956

iPhone用のFMトランスミッター兼充電スタンド・・・と言ったらいいのかな?

GRIFFIN社製のRoadTripという製品。iPhoneに入ってる曲をFM電波で飛ばし、カーオーディオのFMラジオで受信して車載スピーカーから音を出すってわけです。電源をシガーソケットから取ることで、iPhoneの充電もできちゃいます^^

うちのカーオーディオは古いですからね~^^; 最近のだったらUSB端子やメモリースロットが付いてたり、再生できるフォーマットも多彩だったりするんでしょうけど、なんせもう15年以上使ってる代物w 車を買い換えるときも必ず取り外して新しい車に^^; 今は無き、MD用のスロットが付いてますから、もう骨董品と言ってもいいかもしれません。 4台の車を経験しているわけですが、これがなかなか壊れないし、不満も無いのでそのままにしてたってわけです。

ただ、最近の我が家の音楽事情は、iTunesでダウンロードし、それをiPhoneやiPodなどのポータブルオーディオデバイスに入れて聴くというスタイル。 「CDに焼く」などの作業を一切行わなくなったので、せっかく新しい曲が手に入っても車で再生することができなくなってしまってたのです^^;

そんな事情から、次の車買い換えの時はカーオーディオも一新する予定なのですが、肝心の「車の買い換え計画」が思うように進まず(;><) なので、とりあえずの音楽環境をってことで、以前からFMトランスミッターは気になっていました。

 

300_7927

入ってるのはたったこれだけですが、フレキシブルアームがかなり頑丈な作りなので、iPhoneを支えるくらいは十分できますね^^ ディスプレイまで装備しているのがちょっとすごい!このディスプレイには、歌手名や曲名などを含めた各種情報が表示されます(゜▽゜;)

ボタンは全部で4つあり、簡易的ではありますが、iPhoneの操作もできるようになっています^^

300_7975

周波数は、もちろん手動で合わせることもできますが、プリセットで3つ入ってるのに加え、自動で空いてるところを探してくれる機能もついてますので簡単です^^ もちろん、その周波数をプリセットとして保存することも可能です。

 

で、この製品を僕が買った最大の理由ですが・・・

300_7982

ケースごと装着することができるからなんです。 まさか毎回ケースから取り出すってわけにはいかないですから、ここは最重要。 パッケージにもそれが売りの一つであると書いてあります。

ただ、「どんなケースでもいいのか」という疑問はありました。 GRIFFINと言ったらiPhoneケースも出してますからね~。 まさかまさかの「GRIFFINサイズ」オンリーだったらつらいな・・・

しかし、その心配は杞憂に終わりました。 かなり大型のケースになると無理かもしれませんが、常識的な範囲内なら全く問題ありません^^ その理由は・・・

300_7958

この裏面にあるツマミ。 これを回すことで背面の板が前後に動きますので、ほとんどのケースに対して最適なホールドを実現できるってわけです^^ あ、サイド部分はゴムですのである程度柔軟に対応できますよ^^ この仕様のおかげで、iPhone4だけでなく、3GSなどの他のiPhone、iPod touchなども問題なく使用することができます。

 

さて、苦手な「音質の表現」ですが・・・^^;

まあ、不満はそれほど無いけれども、決して高音質ではないかな?と言った感じですかね~。

所詮FMトランスミッターといったところかな? でも、「悪い」というわけじゃないですよ^^ 車の中でiPhoneのスピーカーから再生してたころに比べると、ずっといい感じです。 それよりも、iTunesで購入した曲もカーオーディオで再生できるようになったってメリットがでかすぎて、音質はあんまり気にならないですw

 

あ、写真がぶれちゃってちょっと申し訳ないのですが、我が家のiPodを装着した際の写真も撮りましたので、一応「こんな風になるよ」と紹介しておきます^^

300_7990

 

ということで、いい物を手に入れたな~と満足しています^^

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。