Driveman 1080を設置

やっと休みが来ました^^ 今日は先日買ったドライブレコーダーを設置しようと前から決めていたので、予定通り設置作業を行いました^^

300_8566

↑完成しました^^

 

・・・いや、それじゃ記事にならないのでw

 

たいした作業ではないのですが、なんせこの暑さ(;><) 途中何度止めたいと思った事かw

パッケージに入っていたのはアクセサリーソケットに差し込むタイプの電源でしたので、本来であれば特に何もしなくてもすぐ使えるのですが、なんとなく隠ぺい配線にこだわりたかったんです^^;

ということで、ヒューズボックスから電源を取る事にしたのですが、配線を切ったりする手間を惜しんで、エーモンの「1554 電源ソケット1穴」を購入。まあ、後から考えると、この選択は間違いだったんですけどね^^;

この1554に付いているのは平型ヒューズとミニ平型ヒューズ。何も考えずに買ってきた僕が悪いのですが、CR-Zのヒューズは低背ヒューズという、もっと小型のものだったんです(;><) で、それに気付いたあとに15Aの「E578 低背ヒューズ電源」を購入して差し替えて使おうと思ったら・・・

あろう事か、CR-Zのアクセサリーソケット部のヒューズは20Aだったという・・・orz 検電チェッカーを持っていないため、15AのIGN電源を探し出す事もできず、想像でやって失敗してもイヤなので、再び20Aの「E579 低背ヒューズ電源」を買いに行くハメに^^;

 

ということで、スタートする前にかなり躓いてしまった設置作業ですが、気を取り直してw

2012-07-28 14.49.51 HDR

ヒューズボックスは、運転席右側の小物入れを「エイヤッ!」と抜き取ると出現します。加工自体は目的のヒューズを抜き取って差し替えるだけの簡単作業です。

2012-07-28 15.51.43

黄色いコードが出てるやつが差し替えたヒューズ。以上ですm(__)m

 

アースは、アクセルが取り付けてあるボルトに共締めしました^^

今回は配線加工が面倒だって事でソケットを使ったのですが、ついでに、CR-Zを購入してすぐにやっつけ仕事で取り付けてしまい、全く隠しきれていなかったレーダー探知機の配線も隠しちゃおう!ということで、電源をヒューズ電源から取る事にしました。で、やっぱりこっちもソケット用のアダプターが付いたまま。2つのアダプターを差し込む必要が出てきた事から、このヒューズボックス部分にアクセサリ増設ソケットを仕込む事にw って、この時点で「いったい何をやってるんだか」って状態ですね^^; 自分の計画性の無さにあきれてしまいます(;><) ・・・が!予想に反して意外とキレイに収まりましたw

2012-07-28 15.51.20

コードがやたらと余ったのはご愛敬^^;

さて、後は配線を隠すだけですが・・・ Aピラーの内張りをガシガシ外して中を這ってる何かの配管にタイラップで縛り付けておしまい。天井部分はストリームにETC車載器を取り付けたときと同じように隙間工法を利用しました( ̄ー ̄)

ということで、やっと完成^^ 今回外した車のパーツはたったの3つ。結局使った工具はM12のソケットレンチと内張剥がしとハサミぐらいかな?にも関わらず、なんだかとても疲れました^^;

2012-07-28 14.49.26 HDR

 

もちろん早速走って録画の状況を見てみましたが、映りはすごくいいです^^ ここにアップしようかとも思ったのですが、編集すると劣化してしまうし、そのままだとYouTubeからダメ出しが出ちゃうし、残念ながらいい方法が見当たりませんので断念します(;><)

 

あ、そうそう。Driveman 1080をCR-Zに設置する際、一つだけ注意点があります。

純正の吸盤スタンドで取り付けようとすると、かなり下の方までカメラが降りてきてしまい、見事に視界を塞いでしまいます^^; おそらくCR-Zのフロントガラスがすごく寝ているせいだとは思いますが、その状態だと危ないので、カメラをスタンドに取り付けるときに表裏逆に取り付けてください。(吸盤の固定用レバーを前側に倒して固定するように) これでルームミラーの裏側にしっかり隠れるようになりましたので、ご参考まで^^

300_8567

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。