iPad 4th generation 32GB White

皆さま、あけましておめでとうございます^^ 本業に追われる毎日で、なかなか思うように更新できない日々が続いていますが、今年もぼちぼち頑張っていきますので、よろしくお願いいたします^^;

 

ということで、平成25年の一発目です^^

300_8665

思えば、僕がAppleの世界に飛び込んだのは初代iPadが発売された時でした。そのiパッドiPadもすでに第4世代。初代は娘に取られたまま、今も現役で頑張っているのですが、電子書籍化も結構本格的に動き出してきましたし、僕も一台持っておきたい(;><)

 

ということで、買っちゃいました^^ ホントはminiのサイズが良かったんですが、スペック的に「miniを買うなら次のモデルじゃないかな」と判断した事と、どっちにしてもminiは売り切れ中で、入荷を待って手に入れたとしても、次のモデルがすぐに出てきちゃいそうだったのでw

 

300_8653

パッケージは一段と小さくなってるんですね~(゜▽゜;) 左が懐かしの初代、右が今回購入した第4世代。本体の厚さと電源アダプターの厚さを考えたら、もうギリギリのところまで薄くなってるんじゃないでしょうか・・・

300_8654

恒例の「ギリギリパッケージ写真」ですw 相変わらず、「いいギリギリ」してますね~( ̄ー ̄) 色は白で32GBの選択です。 白を選んだのは、iPhone 5の白が気に入っているからで、32GBを選んだのは、娘所有のiPadが16GBでパンパンとなっており、「何かを入れる時には何かを消す」という事態に陥っているから。 そうです。きっとこの第4世代も奪われちゃう事になるんだろうな…って事を想定しているという事です^^;

300_8655

付属品です。ACアダプターの大きさは初代から変わらないようですが、ケーブルはLightning ケーブルになっています。簡単な説明書とともに、やっぱりリンゴマークのシールは入っていました^^ これは絶対に省かないんですね(゜▽゜;) もう何枚集まった事か・・・^^; そろそろ「貯まったシールと何かを交換」的なキャンペーンでも初めて欲しいところですw

 

300_8658

せっかくなので、初代との比較を。左が4thで右が1st。大きさはほとんど変わりませんが、厚さが初代から4mm薄くなっており、さらにエッジが取れたおかげでかなりスリムになった印象です^^ リンゴのマークが一回り小さくなっていることも「スリムなイメージ」に影響しているかもしれませんね~。 ひょっとしたら、これで加工代が少しカットできていたりするのかな?

300_8659

下部の比較では、やっぱりコネクター形状の違いが印象的です。スピーカーもだいぶ違いますがw Lightning コネクタはホントに使いやすいですよね~。今となっては、まだ現役の初代やiPod化しているiPhone 4、4Sにケーブルを挿すのがわずらわしい^^; 強度もこっちの方が高いんじゃないかと思ってますが、どうでしょう?

300_8660

上部の比較。まあ、カメラの有無が一番の違いとなるのでしょうが、個人的にはイヤホンジャックの形状が斬新(゜▽゜;) こんなに斜めに切れ込んでるものに対して上手に差し込む事ができるんでしょうかw まあ、試してみればわかるんですが、まだ試してません^^;

 

さて、4thと言えば、Retina ディスプレイ。幸いな事に3rdを持っていない僕は、Retina iPad初体験ですw

4th-vs-1st

と同じものを同じ大きさで表示しても、Retinaと非Retinaはこのくらい違いますよっと( ̄ー ̄)ニヤリ

ホントにキレイです^^ miniを発売日に買うのを躊躇したのは、Retinaディスプレイじゃなかったからなのですが、次のモデルでRetinaを搭載してきたらこの判断が成功だったと言えるかな^^

 

実は、まだ家族の誰もがこの購入を知りませんw もちろん娘に知れたら奪われるから^^; いつまで隠し通せるかわかりませんが、赴任先に戻るまでは、じっとカバンの中で息を潜めているiPad 4thですw

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。