Intel SOLID-STATE DRIVE 335 SERIES 240GB

・・・と、言うわけで!

・・・って、何を唐突に言い出すのかと思われるかもしれませんが、この4月に2年ぶりの福岡勤務となり、戻ってきました^^ 大分の佐伯は何か悪いってわけでもないし、むしろ人は温かいし、住むには最高だったんですが、なんせ家電に弱い街・・・って言ったら申し訳ないんですけど、情報家電はそれなりにあるのですが価格が高く、PCパーツとかApple製品には全く縁が無い街で(;><) まあ、メインPCは福岡に置きっぱなしだったんで、PCパーツが売ってなくても問題はありませんでしたが^^;

そんなこんなで、この2年間、ほとんどPCに手を入れるでもなく、家電の情報を集めるでもない毎日を過ごしていました。 「その分お金が貯まっただろ・・・」と思われたあなた! それは違いますw 毎日飲んだくれてただけあって、財布はずっとスッカラカンでしたよ( ̄ー ̄)ニヤリ

 

で、こっちに戻って来て1か月ほど・・・大人しくしていたのですが、ついに買い始めてしまいました(゜▽゜;)

300_8781

第一段として選ばれたのは、SSD。 そうなんです・・・もう結構前から話題になってるSSD化すらしていなかったメインPCのSSD化は、2年越しの夢・゚・(つД`)・゚・

値段も熟れてきたところですし、「ちょっとやっちゃおうか」くらいの乗りでw

で、SSDの説明なんですが・・・まあ、うちのブログにたどり着かれる方々は、たぶん「知ってる」って方の方が多いと思いますので詳しい話は省略しますw 要はハードディスクの代わりに使われるドライブですが、iPhoneやiPadをはじめとする、スマートフォンやタブレットで広く使われていますので、もう身近な存在ですよね^^ HDDのように駆動部品を持たないため、衝撃に強く、ディスクやヘッドが無いためシークタイムが無く、高速での読み書きができるといった優れた特徴があるのですが、HDDに比べると、なんせ高価(;><) そのため、システム全体をSSD化できるのは、たぶん一部のセレブな方々だけの特権で、僕のような一般的な人は、起動ディスクとしてSSDを使って、保存のデータはHDDにって組み合わせじゃないでしょうか^^;

 

で、今回購入したのは、intelのSSD 335シリーズ。240GBのものが16,999円と安かったので、それにしました^^

300_8775

箱物のドライブなんて・・・・゚・(つД`)・゚・ いつもバルクの僕としては、なんか新鮮ですw

300_8776

箱物だけあって、付属品もいっぱい^^ ・・・なのかな?^^; 3.5インチのマウンタとCD、SATAケーブルと4ピン電源変換ケーブルとネジ一式が入っていました。

SATA 3 のこの製品したのは、僕が使っているGA-X58A-UD3R(rev.1.0)マザーがかろうじてSATA 3 に対応しているから。

・・・と言ってもX58 Expressチップセットが対応しているわけではなく、Marvell社製のチップ(9128)で対応させているだけなんですけどね^^;

300_8777

なかなかシンプルでカッコイイですね~^^ これならこのまま外付けとして使ってもいいかもw

 

さて、早速移行開始。 今回は、今までのシステムをそのままSSDに放り込んで環境移行するって方向にしました^^ 以下手順を少々・・・

1.開いているSATAポートにケーブルを挿し、そこにSSDを接続(もちろん電源も)

2.BIOS画面でSSDを繋いだポートがAHCIになっているか確認(IDEになっていたらAHCIに変更)

3.Windowsを立ち上げ、インテルのウェブサイトから「 Intel® Data Migration Software」をダウンロードし、インストール

4.Cドライブのクローンを新しいSSDに作成(手順に従って再起動し、その後手順通りにシャットダウン

と、ここまではインテルのサイトでも書いてある(2番以外。2番は最近のマザーなら気にしなくてもいいかもしれません)のですが、この後「元の起動ディスクと取り替えます」みたいな事を書いてあるんですよね^^; 起動ディスクがSATA II のポートにささっていた僕は、それをやるとせっかくのSSDをSATA IIで使用しなければならなくなってしまいます^^; SATA 3 のポートで繋いでこそ意味があるってもんですからね~。 再度BIOS画面に入り、Bootの設定でSSDを選択。これでOKです^^

 

後は、普通に起動させればSSD化終了~^^

 

↓SSD

ssd-bench

 

う~ん・・・ネットの情報通り、Marvell 9128が足を引っ張ってはいますが、接続がPCIeのx1ってことならしょうがないのかな^^; まあ、これでもHDDと比べると雲泥の差。

 

↓HDD

hdd-bench

 

特にランダムアクセスに関しては尋常じゃないくらいの違いがありますので、体感も相当速くなりました^^

 

まあ、SSDの恩恵に関しては、MacBook ProやMacBook Airで知っていますし、いや、だからこそメインPCのSSD化が必須事項となったわけですが、トラブルもなく大満足の結果が得られました^^

今後は、iMacのSSD化という夢に向かって邁進して参ります。(←ウソです^^; めんどくさそうなのでやりませんw)

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。