Welcome to the Stepcy.com weblog site.

GRIFFIN RoadTrip (iPhone用FMトランスミッター)

先日コストコに行ったとき偶然見つけてしまい、そのまま購入してしまいました^^

300_7956

iPhone用のFMトランスミッター兼充電スタンド・・・と言ったらいいのかな?

GRIFFIN社製のRoadTripという製品。iPhoneに入ってる曲をFM電波で飛ばし、カーオーディオのFMラジオで受信して車載スピーカーから音を出すってわけです。電源をシガーソケットから取ることで、iPhoneの充電もできちゃいます^^

うちのカーオーディオは古いですからね~^^; 最近のだったらUSB端子やメモリースロットが付いてたり、再生できるフォーマットも多彩だったりするんでしょうけど、なんせもう15年以上使ってる代物w 車を買い換えるときも必ず取り外して新しい車に^^; 今は無き、MD用のスロットが付いてますから、もう骨董品と言ってもいいかもしれません。 4台の車を経験しているわけですが、これがなかなか壊れないし、不満も無いのでそのままにしてたってわけです。

ただ、最近の我が家の音楽事情は、iTunesでダウンロードし、それをiPhoneやiPodなどのポータブルオーディオデバイスに入れて聴くというスタイル。 「CDに焼く」などの作業を一切行わなくなったので、せっかく新しい曲が手に入っても車で再生することができなくなってしまってたのです^^;

そんな事情から、次の車買い換えの時はカーオーディオも一新する予定なのですが、肝心の「車の買い換え計画」が思うように進まず(;><) なので、とりあえずの音楽環境をってことで、以前からFMトランスミッターは気になっていました。

 

300_7927

入ってるのはたったこれだけですが、フレキシブルアームがかなり頑丈な作りなので、iPhoneを支えるくらいは十分できますね^^ ディスプレイまで装備しているのがちょっとすごい!このディスプレイには、歌手名や曲名などを含めた各種情報が表示されます(゜▽゜;)

ボタンは全部で4つあり、簡易的ではありますが、iPhoneの操作もできるようになっています^^

300_7975

周波数は、もちろん手動で合わせることもできますが、プリセットで3つ入ってるのに加え、自動で空いてるところを探してくれる機能もついてますので簡単です^^ もちろん、その周波数をプリセットとして保存することも可能です。

 

で、この製品を僕が買った最大の理由ですが・・・

300_7982

ケースごと装着することができるからなんです。 まさか毎回ケースから取り出すってわけにはいかないですから、ここは最重要。 パッケージにもそれが売りの一つであると書いてあります。

ただ、「どんなケースでもいいのか」という疑問はありました。 GRIFFINと言ったらiPhoneケースも出してますからね~。 まさかまさかの「GRIFFINサイズ」オンリーだったらつらいな・・・

しかし、その心配は杞憂に終わりました。 かなり大型のケースになると無理かもしれませんが、常識的な範囲内なら全く問題ありません^^ その理由は・・・

300_7958

この裏面にあるツマミ。 これを回すことで背面の板が前後に動きますので、ほとんどのケースに対して最適なホールドを実現できるってわけです^^ あ、サイド部分はゴムですのである程度柔軟に対応できますよ^^ この仕様のおかげで、iPhone4だけでなく、3GSなどの他のiPhone、iPod touchなども問題なく使用することができます。

 

さて、苦手な「音質の表現」ですが・・・^^;

まあ、不満はそれほど無いけれども、決して高音質ではないかな?と言った感じですかね~。

所詮FMトランスミッターといったところかな? でも、「悪い」というわけじゃないですよ^^ 車の中でiPhoneのスピーカーから再生してたころに比べると、ずっといい感じです。 それよりも、iTunesで購入した曲もカーオーディオで再生できるようになったってメリットがでかすぎて、音質はあんまり気にならないですw

 

あ、写真がぶれちゃってちょっと申し訳ないのですが、我が家のiPodを装着した際の写真も撮りましたので、一応「こんな風になるよ」と紹介しておきます^^

300_7990

 

ということで、いい物を手に入れたな~と満足しています^^

インストールしているiPad専用アプリ2

さて、久しぶりのアプリ紹介でも^^ iPad専用のアプリ第二段ってことで進めていきたいと思います。

 

Awesome Note for iPad(+Todo)

Photo 1月 30, 7 59 13 午後

メモ帳アプリとしてかなり完成度が高いアプリじゃないですかね?^^

フォルダ分けでメモを保存することができたり、手書きもできるクイックメモ、フォルダにはパスを掛けて保護ができるなど、機能的にも申し分ありません。

加えてTo Doリストとして使うことも可能ですし、カレンダーや日記の表示にも対応しています。

ホント、これ一つでスケジュール管理までできるんじゃないかというほど便利なのですが、EvernoteやGoogle Docsには対応しているものの、Google Calendarには対応しておらず、この辺りはスケジュール専用のアプリに一歩譲ってしまうかな?

 

Converter Touch HD ~ Fastest Unit Converter

Photo 1月 30, 7 59 02 午後

単位変換ってホントにめんどくさいですよね^^; 仕事でもちょくちょく出くわすんですよね・・・ 主にプリンタの用紙サイズとか画像編集とかですけど、インチとcmの変換はとにかくしょっちゅう出くわします。 「だいたい」でいいならいいんですけど、そういうわけにもいかないですからね~^^; こういうアプリは重宝します^^

 

e-タッチ えいご学習 Lite (無料)

Photo 1月 30, 7 58 47 午後

子供用の英語教材です。 分野ごとにメニューがあり、そこに出てきた絵をタップすると該当の単語が音声で流れる・・・という感じなのですが、子供が気軽にってのは無理そう^^; というのも、ピンポイントでのタップでしか反応しないため、すぐに飽きちゃうんですよ・・・ どこがタップのポイントかってのを表示することもできるんですけどね^^

 

GoodReader for iPad

Photo 1月 30, 7 58 33 午後

もうドキュメントビューアの決定版という位置づけで間違いないですよね^^

扱えるファイルも多岐にわたり、特にPDFファイルの表示は天下一品。家電品の説明書などは、メーカーのウェブサイトでPDFで配布されてることが多いのですが、それらをまとめてど~んと入れてます。「あれ?どこにやったっけ・・・」と、ついつい忘れてしまいがちな説明書ですが、これを使いだしてからは簡単に管理できるようになりました^^

他にも、あらゆるテキストファイル、マイクロソフト オフィス、Apple iWork、HTMLなどに対応。画像や動画の表示もできるんで、ホント、このアプリ一つあればなんでもできますよ^^

 

My World Japanese

Photo 1月 30, 7 58 17 午後

こちらも子供用。ツイッターでもさんざんつぶやいているのでご存じの方も多いと思いますが、今はiPadはほぼ娘専用のデバイス^^; なので、こういうものを入れておけば勝手に勉強してくれるんじゃないかとw

こちらは図鑑のような感じですね^^ 動物などの絵をタップすると英語、もしくは日本語で音声が流れます。 そのチョイスもなかなかユニークで、いったいどこで使うんだろう・・・と首をかしげたくなる単語まで教えてくれます^^;

 

Pocket Informant HD (Calendar & Tasks)

Photo 1月 30, 7 58 03 午後

やっぱり僕にとってスケジュールアプリはこれが一番^^ iPhone版に打ち込み、Google Calendarを介してiPadへ転送という使い方で僕は使っていますが、iPadを持ち歩くならこっちで使った方がずっと使いやすいんじゃないかな・・・と思います。

「いずれPocket Informantで一つ記事を書かねば・・・」と思っているのですが、もうすぐ「2」がリリースされるとのことなので、少し様子見しています^^;

詳しい使い方などは、その時にでも^^

 

Star Walk for iPad

Photo 1月 30, 10 21 14 午後

星空を見て「あれはなんて星なんだろう・・・」と思ったことありますよね?^^ そんな時の必携アプリ。 もう有名なんでご存じの方も多いと思いますが、実際に空に向けてのぞき込むと、そのむこうの星がなんなのかがすぐわかります。 GPSや電子コンパス、そして加速度センサーも使ってるのかな? とにかく自分が見たい方向に画面を向けるだけでわかるってのがすごい^^ 僕のiPadはWi-FiモデルなのでGPSが付いてないんですけど、自分で緯度、経度を指定することもできますし、意外と普通に使えます^^

ま、難点といえば、画面のほうが空より明るいので、画面で確認したあとに空に目をやっても一瞬ほとんど星が見えないってことかな?w

 

ついっぷる for iPad

Photo 1月 30, 7 57 47 午後

ツイッタークライアントって、ホントにたくさんあるんですけど、万人向けにはすごくいいんじゃないかと思ってるのが、この「ついっぷる」です。 基本的に使いやすいですし、かなり多くの機能も搭載されているので、初心者から中、上級者まで不満無く使うことができるんじゃないかな?^^

 

フィンランド式ドリル リッカ先生のたのしい算数 たし算ひき算

Photo 1月 30, 7 59 25 午後

なんてたって今年から娘が小学校ですからね^^ こういうのも必要かな~とw

日本で教わるたし算ひき算と、ちょっと感覚が違うのが特徴ですね^^ 何より楽しいギミックというかおまけもあって、子供が「まだやる~」とせがみます^^;

子供が勉強に興味を示すってのは悪い事じゃないですけど、一緒に付き合わされるのはちょっとつらいかもw

 

元素図鑑: The Elements in Japanese

Photo 1月 30, 7 57 10 午後

説明が必要なのかどうか・・・^^; かなり有名なアプリですよね^^ ご存じ「元素」を楽しく学びたいならこれでしょ~。 すべての元素について、ちょっと楽しい説明とともに画像で見ることができます^^ 驚きなのは、この「画像」のほとんどが360度回転すること(゜▽゜;) こういうのは今までの図鑑じゃできませんでしたからね~ 電子書籍恐るべし!ですよ^^;

それと、特筆したいのが「元素の歌」。もともとは英語の歌なのですが、途中のアップデートで日本語版も聴けるようになりました^^ まあ、とにかくすべての元素をズラ~ッと並べていく歌なのですが、これを覚えると「すべての元素を暗記」ってことですから、覚えておいて損は無いかもw

 

 

ということで、「iPad専用」としてリリースされてるアプリの紹介でした^^

途中でちょっと書きましたけど、娘がホントによく使うので、教育などのアプリでも、良さそうなのを見つけたらとりあえず入れてみたりしています^^ おかげで、MacBook Airを買った今でも、毎日ガンガン稼働していますw

iPhone 4 ケース OAKLEY UNOBTAINIUM CASE

東京に行ったらOakley。 福岡じゃ買えないものが買えるんで、必ず立ち寄ることにしています^^

今回ももちろん寄ってきたのですが、その時見つけたiPhone 4用のケース。 「買わなきゃ!」という衝動に駆られ、買ってきました!

300_7916

いいですね~^^ もうデザインがどうこうってより、「オークリー」だからいい!w ちょっと無骨な感じもしますが、そこがまたいいじゃないですか^^

 

素材は、Unobtainiumというオークリー社が特許を持ってるラバーです。 サングラスのノーズピースやイヤーソックなんかに使われてる素材だって言えばわかりやすいかな? わからないかな^^;

汗などの水分を吸収するとグリップ力が増すという素晴らしい素材なんですよ^^

 

300_7917

サイドのデザインはこんな感じ。 丸くくり抜かれた部分から見えるアルミがちょっとオシャレです^^ 音量ボタンも押しやすいですよ~。

その他開口部などは・・・

300_7918

300_7919

この画像でわかりますか?

 

ということで、3つめのiPhoneケース。 大満足です^^

ACE GENE EVL-1.5 25788 トローリーケース

近年まれに見るほど今年度の一人旅は多くて、そのたびに「次こそはちゃんと買おう・・・」と思っていたのですが、「これで最後かもしれないし、やっぱやめとくか^^;」と見送ってきた小型スーツケースの購入。 「やっぱりこれで最後かもしれないし・・・」と、今回も思ったのですが、とうとう購入に踏み切ることにしました^^

300_7907

ビジネスバッグを購入して以来、すっかりファンになってしまったACE株式会社のACE GENE。 今回購入したのは、EVL-1.5シリーズの25788です。 もう型落ちですね^^; まあ、その分安く買うことができました^^

300_7905

シンプルでいい感じ^^ ソフトケースでありながら耐久性に優れてるのは、今持ってるビジネスバッグも一緒。 いや、むしろそれで安心できたからこそ「今回もACEにしよう」と思ったわけですけどね^^

購入に当たって一番気にしたのが「機内持込サイズかどうか」ってことですが、国内線100席以上の航空機に対応ってことでバッチリです。

本体 50x34x21cm

外寸 54x36x23cm

2~3泊くらいの旅行なら十分な大きさですね^^

300_7908

付属の鍵は、TSA対応のもの。 まあ、この程度の鍵なら掛けなくてもいいんじゃない?って言われたらそれまでなんですが、無いよりマシですし、何しろ鍵がカッコイイのでw

300_7909

なにげにうれしいハーフオープン機能。 出先で一気にバーンって開いちゃうとカッコワルイですもんね^^;

300_7910

1気室仕様ですので、ここに入る物がすべて。 写真では写ってませんが、手前側にはファスナー付きの小物入れがあります。

300_7912

蓋の部分にはスーツカバーが付いています。写真右側の輪っかがハンガー掛けですね^^ 結構丈夫な作りです。

 

飛行機の予約もホテルの予約もしましたし、スーツケースも届きました^^ ということで、来週の出張への準備は万端。 後は、風邪など引かないように、体調を整えておかないと^^;

RAMディスクを使ってみる

24GBのメインメモリを使い切るなんてことは、まず無いですね。やっぱりw

ということで、RAMディスクを使ってみることにします^^ 本来ならば、3GB以上のメモリ領域を認識できない32bitOSに、それ以上のメモリが載ってる環境でこそふさわしいんじゃないかと思いますけど、これだけメモリが安くなっているならば、64bitOSでもわざと大容量メモリを買って、必要無い部分をRAMディスクにってのは、当然アリだと^^

 

ってことで、RAMディスク。 昔からある技術なんですけど、要はメインメモリの一部を仮想的に「外部記憶装置」として使っちゃおうということです。 HDDよりも格段に速いメインメモリを使うことになりますので、パフォーマンスの大幅なアップが期待できます^^ 欠点としては、HDDと違い電源を切っちゃうとその情報が消えてしまうってことと、情報量あたりの単価が非常に高いってことですね^^;

 

さて、RAMディスクを作るにあたっては、ソフトウェアを使うことになるわけですが、今回はI-O DATAから出ているRamPhantomEXを使ってみることにしました。 RAMディスクを実現するためのソフトとしては、フリーの物ももちろんあるんですけど、64bitのWindows 7に対応しているもので、自由に容量を設定できるものを探すことができなかったので^^;

http://www.iodata.jp/product/soft/speed/ramphantomex/

 

手順に従ってインストールしたら、早速RAMディスクの設定。

「新規」のボタンを押し、各種項目を設定します。

2011011503

ディスクの容量ってのは、もちろんメインメモリの容量に左右されますし、システムで使う領域も必要なので、「最大」にしたからといって、搭載しているメインメモリの容量すべてが確保できるってわけではありません。 ドライブレターがなんなのか・・・などの説明は、たぶん「RAMディスク環境を作ろう!」って人はご存じでしょうから省略します^^

2011011502

基本的には、ブラウザやPhotoshopなどの一時ファイル置き場や仮想記憶ディスクとして使うことになりますが、ブラウザのキャッシュについては、ここで設定できます^^

必要な設定を済ませると、

2011011501

RAMディスクが完成します^^ あとは、RamPhantomEX上では設定できないブラウザ以外のソフトについての設定をすればOK。

Photoshopで言えば、こんな感じですね^^

2011011504

 

一度設定を済ませてしまえば、あとは今まで通り使うだけですので、特に意識することはありません^^

最初に「電源を切ったら消える」ってデメリットを書いてますが、RamPhantomEXの初期設定のままなら、電源を切るときHDDにRAMディスクの内容を書き写して保存してくれますし、そもそも「一時記憶」としての使い方なら消えても平気です^^

 

さて、ここまでやっていったいどれくらい速くなるのよってことなのですが・・・ HDDのドライブとRAMディスクドライブのベンチマークを測ってみました^^

hd110115

↑ HDDドライブ

 

mem110115

↑ RAMディスク

 

説明は・・・いらないですよね?w それくらいの圧倒的な速度差です。 やっと普及価格帯になってきたかな?と思われるSSDですら目じゃない^^ まあ、HDD、SSD、RAMディスクにはそれぞれ得意とする分野がありますので、うまく組み合わせて使うのが一番効果的なんじゃないかと思います。

あ、SSDの導入については、現在SATA3.0に対応したIntelのやつを待ってるところです^^

 

ということで、意外と簡単で効果の高いRAMディスクの導入。 メモリの価格も安いですし、試してみるのもいいかもしれませんよ^^

SILICON POWER SP012GBLTU133V31

だってこんなに安いなんて・・・(;><)

 

メモリの相場はあずき並に難しいですよね^^; 「おぉ・・・下がってきた~!」って思ってたらいきなり何倍にもなって買えなくなったりしたことも何度か経験してますし、「ここが底値だろう」ってところから、わずかの期間でさらに半分になったりすることも^^;

今回、久々に「いや、これは買いなんじゃないか?」って思う価格になってきたので、思い切ってゲットしてみました~^^

SILICON POWERのDDR3 1333メモリ。4GB×3枚セットのSP012GBLTU133V31です。

しかも2セット(゜▽゜;)

300_7901

今使ってるマザー、GA-X58A-UD3R Rev.1.0で搭載できる最大メモリが4GB×6枚の24GBですので、今載ってるメモリと総入れ替えです! もちろん今までのメモリは無駄になります!! でも、いいんです!!!w

 

なんと4GB×3枚のセットでありながら9,470円(゜▽゜;) 2セット6枚で18,940というのはやっぱり安い^^ この値段でちまちま考えるのはもったいないですよね~^^ えぇ。もちろん衝動買いです( ̄ー ̄)

 

まあ、本来ならこのメモリを使って何ができるかってのを記事にしたらいいんでしょうけど、メモリの場合はやっぱり相性ありますからね~^^; 「GA-X58A-UD3R Rev.1.0で動いた!」ってんなら、それはそれで記事にしてもいいんじゃないかと^^

 

さて、動くでしょうか。 ま、インテルのチップセットを載せたマザーで動かないメモリなんて製品として間違ってるだろ~って思ってますのでそれほど心配はしてないのですが、それでも電源投入まではドキドキするもんです^^;

チップベンダーはelixir。今まで使ってたやつもelixirチップだったので問題ないかな?

300_7902

 

って、ここで何かあったら面白い記事にもなりそうなのですが、特になんの問題も無くさらっと立ち上がりました^^;

2011011401

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 24576MBytes!=24GBです!^^ これだけで満足です!

満足なので、メモリタイミング等は何もいじってません^^

 

しばらく使ってみて、「やっぱメモリ多すぎるかも・・・^^;」って思ったら、Ramdiskでもやってみま~す。

Apple Magic Mouse

今年最初のお買い物。 AppleのMagic Mouseを買ってみました^^

300_7895

MacBook Airで使うためなのですが、ご存じの通りMacBook Airのマルチタッチトラックパッドはかなり優秀。 「もうマウス必要無いよな~」ってのが今でも思ってる僕の感想です^^

「じゃあ、なぜ??」 って、それはもちろん「衝動的に欲しくなった」から^^; 期待より渋かったAppleの初売りですが、「記念に何か買っちゃえ!」と選定したのがこれ^^ たかが400円引き、されど400円引き。 ちょっとでも安ければお得ってもんですw

・・・ってのはもちろん冗談で、本当は、今MacBook Airを置いてる場所が、僕がPCの前に座ってるときの左前方だから、なんですよね^^; 操作しようと思ったら体をねじってトラックパッドに右手を持って行くって感じで窮屈だったんです。 マウスがあったら幾分緩和されるんじゃないかな・・・と^^ もちろんキーボードも窮屈な姿勢でってなってるのですが、こちらはいざとなったらAppleのキーボードを使えばいいので大丈夫。 マウスを追加しさえすれば、体が正面を向いたまま快適にMacBook Airを操作できる環境が整うってわけです^^

 

早速開封!

300_7897

店頭で何度か見てはいましたが・・・ やはりこのツルッとした感じはインパクトがありますね~。

パソコンをはじめて扱う人に説明してた「左のボタンを押したら左クリック、右のボタンを押したら右クリック」ってのがもう使えませんw

ということで、このマウス、表面全体がボタンであり、ホイールであり・・・といった感じ。 すごいですね~^^

表面の「どこでも」クリックできますし、縦、横のスクロールもできます。 クリックは物理的に押し込みますが、スクロールは表面をなぞる感じ。 ちなみに、「どこでも」をあえてカッコで囲ったのは、この説明がAppleの製品紹介に書いてあったからで、実際試してみたところ、半分より下を押すことはできませんでしたw まあ、無理に半分よりも下をクリックする必要は無いので問題ありませんけどね^^

スクロールに関しては、MacBook Airのトラックパッドを操作する感じです。トラックパッドの場合は2本指で行いますが、こちらは一本指。表面の任意の場所で操作することができるので便利ですよ^^

で、他のジェスチャーとしては、2本指のスワイプでブラウザの「戻る」「進む」や写真の切り替えなどができます。

あ、そうそう。 Windowsでおなじみの右クリックは・・・

magicmouse1

この設定画面で「副ボタンのクリック」というのにチェックを入れることで行うことができます。

「ボタンが一個しかないのに・・・?」と思われるかもしれませんが、恐ろしいほど正確に左クリックと右クリックを判別してくれますので、まず困ることは無いと思います。ビックリしますよ^^

あと、Controlキーを押しながら上にスクロールするとズームになりますので、5ボタンマウスの標準的な操作は全部できると思っていいでしょう。

 

さて、それでは裏側を・・・

300_7898

黒い棒状の部分が実際にマウスパッドと接する部分です。 表がプラスチックなのに対し、裏面はアルミ。 ここにアルミを使わなければもっと軽いと思うんですけど、あえてここにアルミを使うからこそAppleってことですかね^^ アルミのおかげでかなり質感が高くなってるのは間違いありません。

300_7900

電池の蓋を開けたところです。 この蓋も、さも当然のようにアルミ製となっておりますw

電池は単三2本ですが、並列なんですね~。 「ひょっとして電池一本でもいけるかな?」と外してみたら、無理でした^^; マイクロソフトのマウスは直列の入れ方ですが電池一本でもいけるんですよね~。 ま、中でどういう配線になってるのかを見てないのでなんとも言えませんが^^;

右上にある小さい銀色のポッチがスイッチですが、このスイッチを切っておかないと、物理的に干渉して蓋が閉まらないのでご注意を^^

 

ということで、さっきから使ってますが、カーソルの移動やドラッグなどは、マウスを使った方がやおっぱりしっくりきますね^^ やはりマウスはマウスの良さがあるってことで、これから使い倒して行きたいと思います^^

2011 あけましておめでとうございます

みなさま、あけましておめでとうございます^^

 

当初はXBOX360を中心として書いてきたこのブログですが、昨年はなんといっても僕にとってのAppleデビューイヤー。 記事の中心はiPhoneやiPad、そしてApple TVにMacBook Airと、Apple製品ばかりw 今年、何に興味を示し、どんな無駄遣いをしていくのかは、当の本人が一番わかってないのですが、きっと今年も一年散財しながら記事を書いていくことになると思います^^;

本業が多忙を極め、なかなか当初のように記事を書きまくるなんて事ができないのが残念ではありますが、日頃の出来事に関してはツイッターでつぶやいてますので、Stepcy.comブログと合わせて、是非ご覧ください^^

Twitter Button from twitbuttons.com

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

Stepcy.com管理人 sho1

iPhone, iPad, iPodの母艦を変更する

iTunesでアクティベートが必要なAppleのiPhoneなどは、そのままアクティベートしたiTunesを母艦として紐付いちゃうんですけど、これを別のPCのiTunesに紐付け直そうってなると、ちょっと大変^^;

普通に移行先のiTunesに繋ぐと、「別にいいけど中身は全部消えちゃうよ~」ってなメッセージが出てきてしまうんですよね^^;

買ったばかりならまだしも、しばらく使ったiPhoneには大事なデータがいっぱいあるのが普通だし、買ったアプリや音楽まで消えちゃかなわない(;><)

今回、MacBook Airを購入したのを機に、Apple製品はまとめちゃおうって事からはじめたのですが、これがなかなか難しい^^; 微妙に不親切な気もしますが、どうにかならないんですかね~w

ってことで、備忘録がてら記事にしておきます^^

あまり複雑になるといけないので、移行元、移行先ともに同じApple IDを使用することを前提をします^^;

すべて「iPhone」として書いてますが、iPadやiPodも同じ方法で構わないと思いますので、適宜読み替えてください^^

 

○iTunesのホームシェアリングを有効にする

○移行先のiTunesにiPhoneを接続(同期はしない)

○「ファイル」→「購入した項目を”ユーザー名のiPhone”から転送」で、iPhone内のアプリや音楽など、iTunesで購入したものをコピーする

itunes-itunes02

※よくわからないのですが、このときにiPhoneのバックアップが新iTunesの方に作成されるんじゃないかと・・・ もしそうじゃなければ必要のない操作かもしれません(未確認)

○移行先のiTunesから「共有」に出ている移行元のiTunesを選択し、表示させる

○画面下の方にある「表示:すべての項目」を「ライブラリに見つからない項目」に

itunes-itunes03

※ こうすることで、先にiPhoneから移したアプリなどが表示されなくなりますのでダブらずに済みます。iPhoneとiTunesが完全に同期している場合は何も出てきません。

○「ミュージック」「ムービー」「App」など、移行元のiTunesからコピーして、移行先のiTunesライブラリに保存

itunes-itunes01

 

これで移行先のiTunesと移行元のiTunesが同じ状態になったはずです^^ ここまでの操作ができれば、音楽やアプリなど、購入したものが無駄になるなんてことは無いはず。

さて、新しいiTunesとiPhoneの同期はここからです^^;

「ファイル」→「iPhoneを同期」でiPhoneを同期しましょう。 先ほどの「消えちゃいますよ~」的なメッセージが出ても「いいよ~」と答えてくださいw

ここから先はどうなってるのか僕もあまりわからないのですが、最初に「購入した項目を”ユーザー名のiPhone”から転送」で転送した時に入っていたアプリ、iTunesで購入した音楽はそのままiPhone内に残った状態でiPhoneの同期が終わるはずです。 各アプリの設定などもそのまま残るはず。

 

問題は、初期で入っていたアプリ以外はすべて最後のページに移されちゃってるってことです・゚・(つД`)・゚・

 

せっかく並べていたアイコンが一気にバラバラになるのはちょっと衝撃的な感じ^^; この件に関してはうまくいく方法を知りません^^; 面倒ですが、また一から並べ直してください(;><) そして、同じ環境を保ったままできる方法をご存じの方を募集しますw

とりあえず、これで新iTunesにiPhoneを紐付けできたはずです^^ 後は新しい環境で運用していけばOKでしょう。

 

もしホームシェアリングができない環境の場合は、とにかく可能な限りiPhoneに旧iTunesに入ってるアプリや音楽を入れ込んで、「購入した項目を”ユーザー名のiPhone”から転送」で新iTunesに転送した後、一気に「同期」しちゃいましょう^^

Apple MacBook Air MC506J/A

先日ちょっと書いたとおり、ついにMacintoshデビューです^^

発表 = 発売日だったMacBook Air。 性能はともかく、デザインに一目惚れしてしまい、しかし「それだけの理由で買っていいものだろうか・・・」と迷い続けてました^^;

今回、「もう買えよ」とみんなが背中を押してくれたおかげで購入することができましたw

AppleのストアならCTOができたんですが、どうしてもすぐに欲しかったので、基本仕様のものをそのままヤマダ電機で買いました^^;

CPU Core 2 Duo 1.4GHzってのはいいとして、メモリ2GBで足りるのかな?不満にならないかな? と、少し考えましたが、メインで使うPCは別にあるし、それほど困りはしないだろうと^^

ストレージサイズだけは選ぶことができたので、11インチモデルとしては大きい方となる、128GBを選択。 ということで、買ったモデルは MC506J/A となります。

 

とりあえず、基本的なAirの外観を中心に紹介していきます。

300_7872

やっぱり外箱の写真は必須。 iPhoneからずっと見てきましたが、ホントに無駄のない箱というか、「これでホントに保護できるの?」と思わず心配になるほどのピッタリサイズ。 今回ももちろんそう^^

300_7873

これですよ~。 隙間がほとんどありません。 こういう箱の作りなので、箱だけで製品の小ささをアピールできますよね~。 そういえば、このピッタリサイズの箱って、XBOX360を買った時にはじめて見たな・・・。 あちらでは輸送時に壊れるとかってのはあんまり無い・・・のかな? あ、でもブリスターパックとかはゴツイイメージですね^^;

実際は、この箱が段ボール製の外箱に入った状態で売られていて、その外箱にはしっかりとした緩衝材が入ってました^^

 

と、箱にあまり時間を費やすのもアレなので・・・w

300_7877

取り出してみました^^ もう店頭にも置いてありますし、出てから結構な期間も経ってますのでそれほど驚く方もいないと思いますが・・・ 薄いです!

300_7879

その辺に置いてると、完全にその存在を隠すことができるほど薄いですw ここに一目惚れですよ~。

最薄部(写真の右側)は、たった3mmです(゜▽゜;) 素晴らしいです!

材質はアルミニウム。 ひんやりとした感じがいいですね~^^ iPadと同じかな?

300_7880

開いたらさらに薄くなります! 当たり前ですが^^;

サイド部分に見えてる左側のコネクタが電源で、その右側がUSBポート。で、ヘッドホン端子です^^

300_7886

逆側から。 右端の端子はMini Displayポートで、左側はUSBポート。 もうホントに無駄がないというか、「ここまで省略していいんだろうか・・・」ってほどシンプルです。

で、DVDやCDはどうするの? 外付けのやつが付属してるとか・・・? だって、無かったらOSの再インストールとかできないし・・・と、付属品を見ても

300_7875

入ってるのは、本体以外にたったこれだけw ケーブルが2つあるのですが、これどっちも電源ケーブルなんですよね^^; つまり電源ケーブル以外には、これといった付属品が無いんですよ(゜▽゜;)

 

・・・で、真ん中の黒い箱の中に入ってたのが

300_7889

これ。 これがOSの再セットアップ用のドライブ。 なるほど~ これなら確かにDVDドライブとか要らないですね^^ まあ、DVD見たり、CD聴くためにはいるんでしょうけど^^; ホント、いろいろ考えられてるな~って感心します^^ こういうのは、汎用性が必要なWindowsでは難しいんですよね~。自社でハードもOSも用意しているAppleならではの仕様ですね^^

 

300_7878

やっと正面からの写真w

ディスプレイのベゼル部分広いよ~(;><) と思いますが、薄くするために必要なのかな?

大きめのトラックパッドが印象的です^^ マルチタッチをサポートしてるんですよね~。 iPhoneやiPadですっかり馴染んでしまったマルチタッチがパソコンでもってのがうれしいですね^^

あ、ディスプレイの上部にある黒い「○」は、ウェブカメラです。

 

300_7894

背中側から見ると、リンゴのマークがクッキリと浮かび上がります(゜▽゜;) いいですね~こういうギミック^^

実際の機能としては何の役にも立たないと思いますけど、こうした遊び心があるからこそMac=オシャレってイメージがあるんでしょうね^^

 

さて、人生初のMac。そしてOS X。 まだ使いこなせてはいませんけど、直感である程度の事はできる優しいOSだな~って印象です^^ まあ、iOSに慣れてるし、それと似たようなアイコンばっかりだってのもあるんでしょうけど、迷ってしまって全くわからない(;><) なんてことはありません^^

いろいろWindowsと違ってたりするのが新鮮で楽しいですね~。 そういう所を紹介していければいいんですけど、忘れてたらスミマセンw

 

ということで、楽しんでます^^