Welcome to the Stepcy.com weblog site.

Panasonic コードレス電話機 VE-GP55DL

PCでのメールのやりとりが一般的になって、我が家では全くと言っていいほど活躍の場が無くなってしまったFAXに見切りを付けることにしました^^;

ちょっと前までは簡易コピー機として活躍してくれてはいたんですけど、プリンタがスキャナ一体型になってからは、その役目すら奪われ・・・・゚・(つД`)・゚・

ってことで、熱転写紙が切れた今こそがチャンス!と、「普通の電話機」を購入することに^^

300_7869

PanasonicのVE-GP55DLです^^

ホントは子機二つのやつにしたかったんですけど、今のFAX電話機の子機が登録できるんじゃないかってことで、あえて一台のものを選択。 まあ、これが結果的に失敗だったわけで、FAX電話機の子機を登録することはできなかったわけですがw

 

まあ、ともかくFAXが電話機に変わったってことでリビングがちょっとスマートになりました^^

 

300_7870

僕もこれからだんだん年を取って・・・ と、そんなことまではもちろん考えてませんし、たぶんまたすぐ買い換えちゃうのですが、ディスプレイがでっかいので視認性が素晴らしいです^^ バックライト類は全体的にブルーなのでスッキリした印象。

 

それほど多機能なものを求めてなかったので、「電話ができる」以外の事は知らなかったのですが、

 

○ SDメモリーカードに通話音声や留守番電話を保存。

○ パソコンで電話帳を編集し、SDカードを介してやりとり。

○ 着信したとき、相手に名乗ってもらうようメッセージを流せる。

○ 「前から録音」ボタンで、10分前に遡って会話を録音することができる。

○ 着信したときに、電話帳に登録された相手からの際は音声で読み上げてくれる。

 

・・・といったことができるようです。 地味といえば地味ですが、電話機もしっかり進化してるんですね^^

で、我が家にはありがたかった機能が、「ドアホンとのワイヤレス接続」ですね~。

VL-SW230Kと接続したことで、来客時に受けることができる機器が一気に4台に^^ まあ、そんなに広い家じゃありませんから必要無いっていえば必要無いのですが、家中で「ピンポーン」って鳴るような感じになったので、聞き漏らす事が無くなりました^^

 

最初にコードレス子機付きの電話が実家に導入された時(といっても20年ほど前なので、相当昔w)は、子機付きの電話ってのはめちゃくちゃ高かったのですが、今は1万円ちょっとでこんなに多機能。 うれしいですね~^^

Wi-FiモデルのiPadでViberをやってみる

昨日の記事で、「電話機能を持たないiPod touchやWi-Fi版iPadなどでも使うことができるのですが、Viberでは、残念ながら電話番号が無ければ使うことができません」と書いたのですが、なんとできました(゜▽゜;) これでいいのかどうかよくわかりませんが、試してみたところちゃんと我が家のiPhone-iPad間で通話できましたので、おそらくOKかと…

それでは、その方法を備忘録代わりに書いておきます。 試してみて「できね~じゃん ゛(`ヘ´#)」って言われても、責任は取れませんのであしからず^^;

 

IDを使うSkypeと異なり、電話番号を使用するのがViber。 電話番号を持たないWi-FiのiPadでは無理だろうと思っていたのですが、逆に言えば「電話番号さえあればできる」わけで、その電話番号をゲットするのが目的。 さらに言うならAccess codeが国際SMSで届くため、国際SMSが受け取れる環境も作る必要があります。

 

実は、この「SMSをやりとりできる環境」というところにヒントがありました^^ iPhoneアプリのHey wireという無料SMS送受信アプリを使うんです。

 

http://bit.ly/gbj0mK

↑アプリはこちらから

 

このアプリ。通常は送受信でお金が掛かるSMSを無料でやりとりできるってことで、それだけでもすごいのですが、なんと無料で電話番号ももらえるんですよね~。 SMSですので、当然電話番号を使用してのテキストメッセージのやりとり。なので、電話番号が必要なんですけど、それまでセットで無料ってのがすごい(゜▽゜;) もらえるのはアメリカの番号なのですが、この際電話番号であればどこの国の物でもOKでしょうw

登録を済ませると、+1から始まる電話番号が見事もらえました~^^

 

で、ここからはViberの出番。 詳しくは昨日の記事で見ていただくとして、注意点は、電話番号を入力する画面で「+81」となっているのを「+1(アメリカ合衆国)」に変更することです。 後は記事の通りでいけるはず^^ ほどなくして、Hey wire宛にViberからのAccess codeが届きますので、それを入力すれば完了。 見事Wi-Fi iPadを使った無料電話機の誕生ですw

 

と、これで晴れてViberによる無料通話環境が構築されたわけですが、ちょっとめんどくさい事も^^;

実は、Hey wireでもらう番号がアメリカ国内の番号のため、日本の電話番号に掛けるためには、国際電話をするのと同じ手順が必要になるんです^^; つまり、「090-1111-2222」に掛けたければ、「+81 90 1111 2222」とダイヤルしなければなりません。 普通電話帳に登録しているのは「090-1111-2222」ですよね~。 ってことで、Viberで通話したい友だちの電話番号を追加登録するなりして国際電話としなければならないのです^^; もちろんその場合でも「無料」なのですが、ちょっと緊張しますよねw それに、「な!なんで国際電話が掛かってくるんだ!!」といたずらに相手を混乱に陥れてしまいかねません。くれぐれも事前連絡を怠らないようにしましょう^^;

 

しかし、ホントにこれでいいのかどうかは未だ謎… とりあえず今は使うことができていますので、ご報告まで^^

利用者同士は24時間通話料無料。iPhoneアプリのViberがすごいかも

auが、「禁断のアプリ」としてSkypeを派手に宣伝していますね~^^ もう通話料でもうけるというビジネスモデルは捨てつつあるのかな?

もちろんiPhoneにもSkypeアプリはあるので使えない事はないんですが、12/3に登場したViberは、ひょっとしたらSkypeを凌ぐんじゃないかという期待のアプリ^^

3GでもWi-Fi、そしてBluetooth(゜▽゜;)でもOKなので、普通に電波が届く範囲なら使えますし、ユーザーIDの取得やパスワードの設定などの煩わしい作業も必要無し。しかも音もいいし、待ち受け時もバックグラウンドで待機させたりしなくても着信できるというのですから、もう普通の「携帯電話」のようなものです。 もちろんアプリを裏で動かしておく必要が無いってことは、バッテリーへの影響も無いってことですよ~。

で、できることは、このViber利用者同士の無料通話。当然24時間無料です^^

 

http://bit.ly/fNfb4J

↑アプリはこちらから^^

 

アプリをインストールしたら、早速自分の電話を登録しましょう。

英語なのですが、ユーザー名とかパスワードとかを決めるわけでもないのでそんなに迷うことはありません。

アプリを立ち上げると、「Push通知をしていいか」と聞かれるので、もちろん「許可」。それが無ければ着信がわかりませんから、よほどのポリシーか宗教上の理由がない限りはOKしましょう^^

そのまま進んでいき「Continue」のボタンを押すと、電話番号の登録画面になります。

上段に「+81」と出てるのが確認できたら、下段に自分のiPhoneの電話番号を、最初の「0」を除いて打ち込みます。(090-1111-2222なら9011112222)

SMSで

Your Viber code is:○○○○ Close this message and enter the code into Viber to activate your account.

というメッセージが届けばOK^^ そこに書いてある「○○○○」の4桁の数字をAccess code入力画面に入れましょう。

…と、これでおしまい^^ 後は、電話帳をインポートするかって聞かれるので「する」と答えれば、自分の連絡先がViber上に表示されるようになります。

101205

ご覧のとおり、Viberユーザーは、特に何も登録しなくても勝手にアイコンが表示されますので、「誰と無料通話ができるのか」ってのは一目瞭然^^

あとは、その人を選んで「FREE」表示のある電話番号だと確認して掛けるだけです。

 

簡単すぎる~^^ あ、アイコンが出てない人にも電話を掛けることは可能ですが、その場合は普通にソフトバンクの電話を掛けるってことになります(通常の電話料金が必要)ので注意してください^^;

Skypeの場合は、ここからユーザー探しと登録が始まるんですよね… で、相手に許可してもらってリンクして~なので、結構手間も掛かりますし時間も掛かります^^;

 

ということで、iPhoneを知り合いが持ってる人は絶対入れておくべきでしょう^^ さらに、Androidにもアプリを提供する予定ってことなので、もしかしたらスマホ同士はキャリア関係なしで「通話料無料」ってな時代になるのかも^^ 今後のサービスとしては、メッセンジャー機能が付く予定なのだそうです。

あ、ちなみに「音質」ですが、iPhoneで普通に電話を掛けるよりずっとクリアなんじゃないかっていうほどです^^

 

と、このように素晴らしいことこの上ないサービスなのですが、Skypeに劣るとすれば…

「電話場号が無ければ使えない」ってことですかね^^;

Skypeはご存じの通りPCをプラットフォームとして成長してきたわけで、電話番号の代わりにユーザーIDを使用します。 ですので、電話機能を持たないiPod touchやWi-Fi版iPadなどでも使うことができるのですが、Viberでは、残念ながら電話番号が無ければ使うことができません(;><)

 

それと、現在「SMSが届かなくてアクセスコードが入れられず、登録が完了しない・゚・(つД`)・゚・」って方が結構いらっしゃるみたいです。

原因はハッキリわかってないみたいですけど、5時間以上後にSMSが届いたってのもあるようですので、しばらく「待つ」ってのが必要かもしれませんね^^;

一応チェック項目として、My Softbankで国際SMSをブロックしてないかは確認してみてください。

 

ってことで、特に僕の知り合いの皆様。iPhone買ったら、是非Viber入れてくださいね^^

ケータイのロック

ケータイには操作のロック機能が必ず付いていると思いますが、この「ロック」。なんだか微妙な位置づけじゃないですか?^^;

特に家庭持ちの場合、ケータイをロックしていようものなら「何かやましい事があるからじゃないの!?」などと、あらぬ疑いを呼んでしまうことにもなりかねませんw

そういったこともあってか、ケータイのロックは「しない」という人がかなり多いですよね?

でも、それは昔の「携帯電話」時代を引きずりすぎだ!と、あえてここで断言させていただきます。

 

昔の、電話やメール程度しかできない携帯電話と違い、今のケータイはおサイフケータイだの銀行のオンライン取引だの、とにかく「生活に密接に関わるツール」となっています。 最近のスマートホンに至ってはなおさらですよね~。

例えそういった機能は使ってないとしても、これだけ個人情報保護が騒がれてる中、個人の電話番号が登録されてるにもかかわらずなんの対策もしてないのはいかがなものかと^^;

 

なぜ急にこういう話をしてるのかというと、iPhoneを購入してからというもの、いろいろな人からいろんな相談を持ちかけられるようになり、その中でそういった話題になると、必ず「ロックしてない」とみんなが言うからなんです^^;

僕の周りで「iPhone買ったよ~」とか言って見せてくれる人も、ほとんどみんなスッと画面を立ち上げるんですよねw つまり「ロックしてない」ってことです^^; こりゃ~一度記事にしておかねば!と、使命感に駆られた次第。 別に僕がやましいからではありませんよ?念のためw

 

確かに僕も今まではロックしない派で、事実au時代はロックなど考えたことすら無い状況だったのですが、iPhoneの「できることの多さ」を知ったとき、「いや、ロックは必須じゃないか」と考えを改めました。 おサイフケータイ機能はついてないですけどw

スケジュール管理、パスワード管理、オンラインバンク取引、各種スキャンした書類(名刺など含む)など、落としたら大惨事は必至の状況ですからね~。

そうでなくても、誰かが拾って大量にアプリでも買われた日には、「アプリ破産」なんてことになりかねない^^; あ、この危険はパケット定額が無い時代も似たような感じでしたね~。

よく新聞で「無料ゲームと思ったら高額請求」なんてのが出てますが、子供に持たせてるケータイで勝手に課金サービスができる状態にしておく親も悪いですよ~ ・・・と、あれ?話が逸れましたw その「高額請求」の記事の中で、「親の携帯を子供が勝手に操作して」ってのがあったのを見たことがあるのですが、これですよ。まさに。 自分の子供とはいえ、自分の携帯を自分以外の人が勝手にやって被害にってやつ。 この危険を回避しておきましょうよ^^;

 

「人に見せられないからロックする」という考えは捨てて、積極的にロックしましょう。

もちろん万全とは言えませんけど、少なくとも「抑止」にはかなりなると思いますよ^^

iOS 4.2にアップデート

延期されていたiOSの4.2が本日午前3時過ぎにダウンロードできるようになりました^^

iPhone, iPadそしてiPod touchが対象です。

iPadについてはメジャーバージョンアップとなりますよね? ってことで、大きく変わったのはiPadってことになりますが、iPhone(iPod touch)についてもいろいろと変更があっています。

 

○iPadでのマルチタスキング

iPhoneのOS4で追加されたマルチタスキング(複数のプログラムの同時立ち上げ)がiPadに追加されました。 これによってバックグラウンドにアプリを開いておくことができるようになりました(アプリ側が対応している場合)。

ipad10112302

 

○iPadのフォルダ管理

これもiPhone 4では最初からできていたのですが、アプリのフォルダ管理がようやくiPadでもできるようになりました。 最初はいいんですけど、使ってるうちにアプリはどんどん増えていくもの。 ごっちゃごちゃになってきて困ってたんですよね^^; 助かります^^

ipad101123

 

○AirPrint

Wi-Fiを使ってプリンタへ直接データを送り込み、iPhone, iPad, iPod touchの写真などを簡単にプリントできるようになりました。 対応プリンタが必要なので試していませんが、いちいちPCに写真を送り込んで~という必要が無くなったのは大きいですね^^

 

○AirPlay

Apple TVを買って良かった!と思った瞬間は、この機能を堪能した時に訪れました^^

iTunes, iPhone, iPad…(もうめんどくさいので、以下「iPhoneなど」と表現しますw)の動画や音楽をApple TVでワイヤレスストリーミング。 うちのAVシステムで気軽に再生できるようになりました。

操作も実に簡単で、再生中にAirPlayのボタンを押すだけ。 今までも似たようなことはできていたのですが、操作に手間が掛かったり、制約があったりしましたからね~^^;

 

○iPhoneを探す

これも大きなサービス追加だと思います^^ 今までは有料のMobileMeを契約しなければ使えなかった機能ですが、iOS 4.2を導入したiPhone 4, iPad, 第4世代以降のiPod touchでは無料でのサービスになりました! 携帯端末であるiPhoneなどは、いつどこで落としたり無くしたりするか不安ですよね~^^; 昔の、電話しか掛けられないような携帯ならまだしも、最近のスマホなどは、もう個人情報のオンパレード。 そういったものを落としたときの被害ははかり知れません^^; この機能で自分のiPhoneなどがどこにあるのか表示することができるようになります^^ で、そのiPhoneなどに、例えば「拾った方はご連絡をお願いします」など、自由にメッセージを表示したり、リモートでロックを掛け、操作することができないようにすることも可能。 さらに、どうしようもない場合は全てのデータの消去まで遠隔操作でできるんですから助かります^^

ipad10112303

iPadのキャプチャです。ここにApple IDとパスワードを入れると、登録しているデバイスが地図上に出てきます。 賢明なあなたなら気付かれたと思いますが、これ、諸刃の剣ですよね^^; 家に置いてあるiPadで、常に僕がどこにいるのか監視をすることすらできてしまうww

ご覧のとおり、ログイン画面だとパスを知らない限り大丈夫なのですが、サインアウトし忘れたらと思うと、ちょっとゾッとしますw いえ、なんらやましい事は無いんですよ?もちろん(゜▽゜;)

 

と、ここまでがAppleのウェブサイトで大見出しで紹介されてる新機能。

もちろん他にもいろいろと追加されてる機能があります。 たぶん全部は紹介できないのですが、可能な限り。

 

○SMS/MMSの着信音が追加。さらに、個別に着信音を変えることができるように

○メモ帳の書体が3種類から選べるように

○Safariで、ウェブページのテキストを簡単検索

○iPhoneにマスターボリュームコントロール追加(ホームボタン2回押し→左フリック2回)

○iPadにSpotlight検索が追加

○ボイスメモのアイコンが新しく

 

・・・ってとこまでしかわかりません^^; たぶんまだあるんだろうな~とは思いますが・・・

 

ということで、今回はiPadがメインとなるバージョンアップとなったようです^^ 各デバイス間の親和性も増してきて、さらに使いやすくなってきましたね~。

あ、同時にApple TVもバージョンアップです。バージョンアップすることで上に書いた動画のAirPlayに対応します^^ 最初これがわからずに「AirPlayできない!」とツイッターで取り乱していたのはナイショw

Apple TVを使ってみる

HDMIケーブルを購入してきたので、早速接続してみました^^

接続方法は至って簡単。電源ケーブルとHDMIケーブルを繋ぐだけです。 普通にテレビに繋げてももちろんいいのですが、僕の用途としてはやっぱりアンプを通して音楽を聴くってのがメインになりそうだったので、AVC-3310にHDMI端子を接続。 AVC-3310はHDMIパススルー機能が付いてますので、アンプの電源を入れなくてもテレビまで信号が届きますしね~^^

 

さて、電源投入。 最初にテレビ画面を見ながら言語を選択。その後、無線LANの設定ですが、基本的にhttp://bit.ly/a4jakO←ここをご覧いただければ迷わないと思います^^ 操作はすべて付属のリモコンで行います。

これでメニュー画面にたどり着きますが、自分のiTunesとのリンクが必要なので、その設定をします。「ホームシェアリング」ってのがそれですね~。といっても難しいことは一切無く、iTunesのアカウント(メールアドレス)とパスワードを入力すればおしまい。

これで全ての準備終了かな? あとペアレンタルコントロールとかの設定もあるのですが、必要な人はそこまで設定ですね^^

 

で、これで

・ムービー(映画の視聴、レンタル)

・インターネット(YouTube、Podcast、MobileMe、Flickr、ラジオ)

・コンピュータ(自分のiTunesに入ってるライブラリの再生など)

が可能になってると思います。

早速「コンピュータ」→「sho1のライブラリ」と辿ってみると、iTunesの中身が表示され、すぐに再生できました^^ すごく簡単! やはりアンプを通して聴くのはいいものですね~。 ムービーがテレビの大画面で見れるのも^^

 

と、ここまで読んで「ん?この前買ったDENONのASD-11Rと同じことやってるやん(゜▽゜;)」と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか^^;

そうなんですよね~(;><) 動画の閲覧にしてもASD-11RにiPhoneを接続すればできますし、二つは要らないかも^^; でも、ASD-11RはiPhoneやiPodなどを接続することで初めて使うことができるのに対し、Apple TVはそれ単体で映画のレンタルやYouTubeなどの閲覧が可能なので^^

あ~でも、それならASD-11R要らないじゃん…みたいなところはありますけどね^^; でも、PCを立ち上げてないとライブラリの再生ができないApple TVと違い、iPhone,iPodを差し込めばライブラリの再生ができるASD-11Rもたまには役に立つ…はずですw

 

ということで、早速ダレン・シャンをレンタルしてみました~^^

HD画質で5.1ch。 とはいえ、500円ってのはちょっと高いかな~^^;

でも、わざわざDVD返しに行く手間も掛からないし、ネット配信の動画を自分のAV環境で手軽に観ることができるってのがこれほどいい感じだとは思いませんでした^^ PCモニタでの動画再生とテレビでの再生ってのは、雰囲気が全く違いますよね~。

課金は、iTunesに登録しているカードで行いますので、すでにiTunesに登録してる人はなんの手間もなく映画のレンタルができますよ^^

 

それと、ツイッターでちょっと書いたのですが、付属のリモコンだと日本語の入力ができないんですよね^^; 映画や動画を検索しようと思っても、すべて英語じゃ使い勝手が悪すぎ^^;

で、それをどう解消するかというと、

http://www.apple.com/jp/itunes/remote/

この、リモートというアプリ。iPhoneやiPadでApple TVなどを操作してしまおうってアプリなのですが、これを使うことで日本語の入力が可能になります^^

単なる「操作」という目的としても、意外と使い勝手がいいので入れておいた方がいいでしょうね^^

 

そして、AirPlay。

この機能で、PCでのiTunes再生をApple TV経由でアンプやテレビに任せることが可能になります。

ボリュームコントロールもiTunesでできますし、やっぱりリモコンでちまちま選曲するよりもマウスでガッとやった方が早いですし快適ですからね~。かなり重宝しそうです^^

 

ってことで、今日わかったのはこの辺までです。

まだ何かあるかも~という気がしないでもないのですが、発見したらまた報告しますね~。

あ、もし何か間違ってたら教えてください^^;

Apple TV

今年は僕にとってのAppleデビューイヤー。完全にフィーバー(古っ)状態です^^

iPhoneに始まり、iPad、iPodと立て続けに購入。 で、今回Apple TVを買ってみました~!

300_7864

デザインがいいんですよね~。余計な物が一切付いてない筐体。 「これでいったい何するんだろう・・・」 と。 実は僕もわかりませんw

そうなんですよ~ よく調べもせずに買ってしまったので、いったいどんなことがどういう風にできるのやら^^;

アップルストアでこれを見つけレジに持って行くと、「HDMIケーブルはご自宅にお持ちですか?」と聞かれたので、HDMI接続だってのはわかりましたが・・・

ってことで裏面。

300_7865

左から、電源ケーブル、HDMI、下段にUSB、光、LANですね。 ふ~ん、パッケージに802.11nって書いてあったのでワイヤレスLANしかダメなのかと思いましたが、有線でもいけそうですね~。

 

さて、もちろん「全く何も知らない」というわけではなく、映画のレンタルができるとか、iTunesのライブラリをテレビで視聴できるとか、そのくらいは知ってますw

 

しかし、その手段はまだ知りません^^;

とりあえずレジで「持ってます!」と言い切ったHDMIケーブルは持ってない(余ってない)ので、今から購入。 そのごゆっくりセットアップをしつつ、またここに書いてみたいと思います^^

 

あ、値段は8800円でした。

安い!・・・と思いますが、レンタルのためだけに使う機器なら高いかも^^; これにレンタル代が掛かっていくわけですからね~。

なので、iTunesライブラリにたくさんいろんな物が入ってる人向けって感じかもしれませんね^^

 

それでは早速使ってみましょ~!

「Apple TVを使ってみる」

MERRELL CHAMELEON3 VENTILATOR GTX

MERRELのCHAMELEON II STORM GTX XCRを買ったのが2年前。ゴアテックスだから雨に強そうだな~程度の軽い気持ちで購入したのですが、これが素晴らしく履きやすい!!

以来、主力として活躍してきたのですが、さすがに年がら年中履いてるとくたびれてきます^^; 「そろそろ新調しようかな~」ということで、

300_7848

買いました^^ もう他のメーカーを一切見ることなく指名買いw

CHAMELEON3 VENTILATOR GTXです^^ お店に見に行ったときに僕のサイズが無かったので、家に帰ってネットで購入。

300_7855

もちろんGORE-TEXです。 前回のやつは刺繍だったのですが、今回のこれはプレートで自己主張(゜▽゜;) っていうか、使ってて外れないのかな^^; まあ、カッコイイからいいですw

通販で靴を買うとかって、サイズとか履き心地がどうかがわからないからちょっと躊躇しちゃいますが、履いたことのあるメーカーのやつならそれほど心配要りませんよね。 当然バッチリでした^^

 

300_7857

そして~かがや~くビブラム・ソール!

スミマセン^^; どうしても一度言ってみたかったんです(;><)

と、靴底は定評のあるビブラム社のソール。これも前と一緒ですね~^^

 

バイク通勤で使うのがもったいないような気がしないでもないですが、まあ、そのために「防水」機能があるものを購入したんで、バイクで使わないと意味ないですね^^;

iPhoneの無線LAN設定(NECルータ編)

ず~~~っと忘れてました^^;

WR8700Nの記事を書いたときに「個々の機器の設定は別に…」と書いてましたね^^;

PCとの接続やWiiなどは「らくらく無線スタート」の機能を使えばあっという間なので特に説明の必要も無いと思います。詰まってしまうとすれば、舶来物であるiPhoneとかじゃないかな~。

ということで、iPhoneの設定について書いてみます^^

 

まず、PCからルーターにアクセス。

IEやFirefoxなどのウェブブラウザに、「http://web.setup/」と入力。 ユーザー名は「admin」パスワードはご自分で設定したものです。設定してなければ空白のまま・・・かな?

左側のメニューの中に「無線LAN設定」というのがありますので、それをクリック。出てきた中の「無線LAN詳細設定(2.4GHz)」をクリックしてください。

10110702

次にiPhone。「設定」→「Wi-Fi」の順にタップ。これはiPadも同じ流れです。

iPhoneの「Wi-Fiネットワーク」という画面に「ワイヤレスネットワークを選択」と出てると思います。 その中で「WARPSTAR-」から始まるものに注目してください。

PCの無線LAN詳細設定で出てきた「ネットワーク名(SSID)」と同じものがあれば、それをタップしてください。

Photo101107

この画面の「パスワード」欄に、ルーター設定画面に出てる「WPA暗号化キー(PSK)」の英数字を入力すればOK。「Join」をタップして設定終了です^^

もちろんネットワーク名などは初期設定のままという仮定で書いてますので、ご自分でネットワーク名を設定されてる方は適宜読み替えてください。 ご自分でSSIDを決める方はここで迷うことはないでしょうけど・・・^^;

 

ってことで、結構あっさり接続完了。ですよね^^

iPadは5GHz帯も選択肢に出てると思いますので、お好きな方で。 ルーターが初期設定のままであれば、ネットワーク名の末尾が「A」もしくは「AW」のものが5GHz帯。「G」「GW」のものが2.4GHz帯となってるはずです^^

SANYO eneloop stick booster KBC-D1AS

なんだか最近更新する時間が無いStepcy.comブログでございます^^;

あんまり紹介できるような買い物をしてないってのもあるんですけど、それはナイショですw

 

ってことで、小物を一つ。

300_7835

充電池としてしっかりその地位を築き上げているエネループ。 そのエネループで携帯機器を充電しちゃおうってのは結構みなさんやってあるんじゃないですか?^^

僕は携帯電話については1日で充電が切れるってな使い方をしないので、今までそれほど困ったことは無いのですが、iPhoneになるとちょっと話は別^^; 普通に使ってるときは1日位平気で保ってくれるiPhoneの電池も、使い方によってはお昼頃にすでに50%を下回ってることも。

すぐにコンセントが使用できる環境であれば問題ないんですけど、外出先でいつもそうかというと・・・^^;

ということで電池の確保は喫緊の課題。 普通の携帯電話なら替えの電池を持っておいて交換という技が普通に使えるのでしょうけど、ご存じの通りiPhoneは電池が取り出せません^^;

ならば・・・ということで買ってみました^^

 

USB接続機器の充電用として使うケースと単三形のエネループ2本がセットになった、eneloop stick boosterです^^

300_7836

う~ん・・・ひょっとしたらウルトラマンに変身できるんじゃないかな?と思ってたのですが、残念ながらそれは無理でした^^; ・・・といった形状。 ←わかりやすい表現( ̄ー ̄)

細身ですっきりしてるので、ズボンのポケットに入れておけそうなのもいいですね^^

白い部分の先端にUSBコネクタがついていて、そこに接続ケーブルなどを繋ぎ携帯端末等と接続・・・という使い方です^^

300_7837

まあ使い方もシンプルですし、「こんな機能が搭載されてます!!」などということも全くありませんのでこれ以上紹介のしようが無いのですが、これで緊急時の電源が確保できるのですから、持っておいて損は無いでしょう^^

 

あ、そうそう。エネループ自体の充電器は入ってませんので、別途準備する必要があります。 そこだけはご注意ください^^